Written by Ippei Torigoe

仮想通貨バナナコイン(BANANA)とは?将来性や買い方を解説する

CRYPTO

悩む人「仮想通貨のバナナコインってなんですか?SNSでよく見かけるワードだけど、どういう意味なの?具体的な特徴や将来性、買い方を教えて下さい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • バナナコインとは?特徴や概要を解説する
  • バナナコインの将来性【可能性あり】
  • バナナコインの買い方

この記事を書いている僕は、仮想通貨を軸に生活しています。投資経験をもとに発信もしており、SNS総フォロワーは35万人を超えたので、信頼担保につながるのかなと。

そこで今回は[ バナナコイン(BANANA)]について解説していきます。専門用語は使わずに噛み砕いてまとめているので、完全初心者でもOKです。熟読どうぞ。

バナナコイン(BANANA)とは?特徴や概要を解説する


バナナコイン(BANANA)の概要を解説します。

バナナコイン(BANANA)は仮想通貨です

バナナコイン(BANANA)とは、仮想通貨のこと。
発行元は「ApeSwap」という取引所ですね。

過去に青汁王子や与沢翼さんを始めとし、SNSで話題になった仮想通貨でもあります。その影響もあり、Twitter界隈ではBABABAファンを多く見かけますね。通貨を配布しているアカウントもあるので、コアファンが多い印象です。

青汁王子と与沢翼さんの対談記事です


上記記事ではバナナについて触れられていますね。
ご興味ある方はどうぞ。

バナナコイン(BANANA)の概要一覧

通貨シンボル BANANA
時価総額 ¥4,838,481,104
時価総額ランク 605位
公式サイト https://apeswap.finance/

こんな感じです。

青汁王子も3億円ほど購入していたみたいですね。とはいえこれは去年のツイートなので「青汁王子も勝ってるし、私も買ってみよう!」と安直に判断しないよう、ご注意くださいませ。

バナナコイン(BANANA)の詳しい特徴

  • 細かい特徴①:ステーキング可
  • 細かい特徴②:イールドファーミング可
  • 細かい特徴③:ゴールデンバナナとの交換可

バナナコイン(BANANA)の詳しい情報は上記の通り。
それぞれ少し深堀りします。

細かい特徴①:ステーキング可

バナナコイン(BANANA)はステーキング可能です。簡単にいうと、コインを預けることで継続的な利益を得ることができるということ。投資でいうインカムゲイン。

細かい特徴②:イールドファーミング可

  • ステーキング:1種類の通貨を預ける
  • イールドファーミング:2種類のペアで通貨を預ける

バナナコインはイールドファーミングができます。イールドファーミングとは、ほぼステーキングと同じようなニュアンスですが、ペアで通貨を預けることで2種類分の報酬を得ることができる仕組みです。複数通貨を持っている方に嬉しい特徴ですね。

細かい特徴③:ゴールデンバナナとの交換可

BANANAは、GBANANA(ゴールデンバナナ)と呼ばれる通貨に交換することができます。長期保有ホルダー向けの施策なので、短期ホルダーにとってはデメリットしかありません。詳しい説明は省きます。詳細を知りたい方は「【apeswap】GNANAとBANANAどっちがお得? GNANA運用成果」を参考にどうぞ。

バナナコイン(BANANA)の将来性【可能性あり】


バナナコイン(BANANA)の将来性をまとめます。
結論として、バナナコインの将来性は明るいです。

長期保有するメリットがある

バナナコイン(BANANA)は長期保有するメリットがあります。

特徴解説でお話したとおり、ステーキングやイールドファーミング、ゴールデンバナナ(長期ホルダー向けの施策)が可能なので、将来性は見込めるのかなと。長期的に保有するメリットのある通貨はやはり強いので、伸びていく可能性が高いと思われます。

運営が活発に情報発信してる

バナナコイン(BANANA)発行元である「ApeSwap」が活発に情報発信しています。ツイート数は個人の僕よりも多いですね。

運営の情報発信によって、今後の方向性やビジョンが明確になり、価格上昇に繋がる場合があります。その分、ApeSSwapは活発に発信しているので、わりと将来性はあるのかなと。

しかし、一時的なブームは終わりました

とはいえ、ApeSwapの爆発的な価格上昇は終わりました。
現在はゆるやかな横ばいとなっています。


出典: CoinMarketcap

1年前のような話題性はありません。しかし、バナナホルダーにはコアファンが多く、長期投資している人も多いハズ。なので、そこまで悲観することはないのかなと。

バナナコイン(BANANA)の買い方【ステーキングも解説】

BANANAの購入&ステーキングは上記動画をどうぞ。

基本的には上記動画を見ながら手を動かせばOKです。とはいえ、動画だけでは不安だったり、テキストでも確認したい人向けに、本記事では「イールドファーミングのやり方」をまとめてきます。

手順①:ウォレットをインストールする

まずはウォレットを用意しましょう。
ウォレットとは、仮想通貨を入れておくお財布です。

動画内では「SafePal Wallet」が使われていましたが、ぶっちゃけなんでもOKです。個人的には初心者なら「メタマスク」あたりが使いやすくておすすめですね。

手順②:BNBをウォレットにいれる

BNBという仮想通貨を購入します。
具体的なBNBの購入ステップは下記です。

手順③:ApeSwapとウォレットを接続する


次に「ApeSwap」にアクセスし、ウォレットと接続します。
右上のConnectをクリックし、使っているウォレットを選べばOKです。

手順④:BNBとBANANAを交換する


BNB→BANANAに交換します。

ただ、ウォレットに入っている半分だけ交換するようにしましょう。ApeSwapは2つのペアを組む必要があり、BNBとBANANAを同じ数にするのです。

手順⑤:流動性スワップのペアを作る


上記画面完了後、預ける金額が表示されたらMAXを入力。
これにてBANANAの購入&イールドファーミングが終了です。

PancakeSwapの使い方と似ているので、もし困ったら「【超簡単】DeFiの始め方【具体的な手順を画像をつきで解説する】」の記事も参考になるかもです。

BANANAの利益を確認する方法

「Harvest」という場所をクリックすると、利益を確認することができます。ほっておけば増えるので、気長にガチホしましょう。

今回は以上となります( ´∀`)bグッ!