Written by Ippei Torigoe

ブログを「稼ぐ目的」で始めるのは絶対にやめとけ【大学生の経験談】

BLOG STUDENT

悩む人「ブログをやろうか迷ってるけど、どうなの?ブログで稼いでみたいけど、できるかな?ブログ以外で稼ぐ選択肢もあるのかな?」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • 大学生がブログを「稼ぐ目的」で始めるのは、やめとけ
  • 大学生がブログで稼ぐための3つの条件
  • 大学生がブログ以外で稼ぐ選択肢とは?

この記事を書いている僕は、ブログを母艦に生きてる大学生です。
毎日記事を書きつつ生活し、月収は15万円を超えました。

少し宣伝

有料公開しようと思っていた記事を無料で公開することにしました。具体的には「副業ブログで月5万円稼ぐために行った施策と全技術【5万円稼げる保証付き】」でまとめています。内容は保証するので、参考までにどうぞ。

大学生がブログを「稼ぐ目的」で始めるのは、やめとけ


結論は、『大学生がブログを「稼ぐ目的」で始めるのは、やめとけ』です。

ブログを始めても簡単には稼げない

もしかすると「ブログを始めたら稼げるようになる」とかって、考えていませんか?

でも、それは無理ですよ。
ブログで稼ぐには最低1年はかかるので、難しい。

もっというと、稼げる「基準」は人によって異なるので、答えがありません。
なので、ブログを始めても簡単には稼げませんよ。

1つだけ、本質がある

イチローさんが、本質的な名言を残しています。
それが下記です。

努力を努力と思ってる時点で好きな奴には勝てないよ

例えばですが、あなたにライバルがいたとして、自分よりもブログ愛があります。
しかし、自分は稼ぎたいだけなので、愛はないけど毎日努力します。

でも、名言通り「努力を努力」と思ってる時点で、たぶん相手には追いつけないです。
なぜなら、それが「相手の強み」だから。

それよりも、自分の「好き」を考えるべきだと思います。

僕の場合は、ブログが好きで「稼げなくても全然OK」という思考です。
なぜなら、ブログ運営そのものが報酬になっているから。

なので、あなたの好きを見つけましょう。
無理してブログを始めなくても、他にも選択肢はあります。

これは他の分野でも応用できる、本質ですよね。

しかし、ブログを始めるメリットはある

ここまでブログを始めることに対して、指摘をしました。
しかし、ブログを始めるメリットは確かにあります。

ブログを始めるメリット

  • 文章力が上がる
  • 活動の幅が広がる
  • マーケティングスキルをがつく

上記の通り。
いや、上記以外にもメリットはありますが、比較的に得やすいモノです。

身につけたスキルで稼ぐ方法もある

ブログ運営では、スキルが身につくと説明しました。
そして、身につけたスキルで稼ぐ方法もあります。

  • ライティングスキル → Webライターとして稼ぐ
  • マーケティングスキル → アフィリエイトをして稼ぐ
  • 活動の幅が広がる → インフルエンサーと会い、共著を出版する

例えば、上記の通りです。
ブログで得たスキルを駆使し、稼ぐ方法もあります。

僕の場合は、文章力を活かしWebライターになりました。
自慢に聞こえるかもですが、初月から単価4円の案件を獲得しました。

スキルを活かした戦い方もあることを知っておきましょう

大学生がブログで稼ぐための3つの条件【思考停止の更新はやめとけ!】


稼ぐための条件は、3つあります。

  • その①:本気で取り組む
  • その②:1年以上継続する
  • その③:SNS運用もする

上記の通り。
それぞれ深堀りしますね。

その①:本気で取り組む

ぶっちゃけ、これが1番大切であり、難しい。
なので、「本気で取り組む」はブルーオーシャンだったりします。

例えばですが、本気で取り組む人は「24時間」ブログの事を考えていたりします。

そこに、生半可な気持ちで参入しても、負け戦なのは確定です。
なぜなら、ライバルはフルタイムで「仮設 → 検証」を回しているから。

どの分野でも、「仮設 → 検証」を回すスピードは大切です。

ブログで稼ぐ近道→毎日更新をする

僕が尊敬するマナブさんのツイートが、下記です。

毎日更新は、「仮設 → 改善」を回すスピードが上がります。
なお、マナブさんは「例え挫折しても、経験値は蓄積される」と残しています。

僕はブログの毎日更新を680日くらい継続しました。そして、ほぼ確実に人生が変わりました。繰り返しですが、最初は挫折してもOKです。挑戦して挫折して、また挑戦して挫折して、、、またトライしたら、そこで続くかもですので。

なので、とりあえず毎日更新に挑戦してみましょう。
もしきつかったら、更新頻度を落とせばOKです。

その②:1年以上継続できる

もちろん人によりますが、1年以上の継続しないと、基本的に稼げません。

  • 記事数:300記事
  • 1記事の執筆時間:3時間
  • 合計時間:900時間

上記は、マナブさん記録です。
ちなみに、この作業量でも稼げなかったそうです。

僕の場合は、80記事で月1万円弱といった感じ。
基本的に、ブログは無理ゲーです。

無理ゲーなブログを、攻略する手順

  • ① 自分の「好き」を明確にする
  • ② 好き×需要を掛け合わせる
  • ③ 記事を書きつつSNS発信もする

基本的に「好き」を武器にして、ブログを書くべきです。
なぜなら、好きなことの知識は深いから。

僕の場合は、ブログ×アフィリエイト×Webライター といった感じ。
この3つは大好きですし、知識も深いはずです。

稼げるジャンルに飛び込むのもアリですが、基本的に挫折します。
なので僕は、好きなジャンルで戦います。

その③:SNS発信をする

繰り返しですが、重要なので深堀りします。

SNSでも発信しましょう。
なぜなら、集客の導線を増やせるから。

僕の場合は、1ヶ月あたり「1400人近い人」がツイッターから流れてきます。

現代において、SEOの集客にのみ頼ることはハイリスクです。
なぜなら、グーグルのアプデで簡単に飛ぶから。

なので、あなた個人で集客力をつけることも大切です。
ツイッター、インスタ、ユーチューブ、この中から自分に合うモノを選びましょう。

ポイント:条件を満たせば月5万円は稼げる

ブログで月5万円ほど稼げるように慣れば、だいぶ生活が変わると思います。そしてこれはそこまで難しいことではありません。僕自身、3ヶ月で達成しています。

なお、具体的には「副業ブログで月5万円稼ぐために行った施策と全技術【5万円稼げる保証付き】」でまとめています。参考までに目を通していただけたら、月5万円を稼ぐ全体像が掴めると思います。

ブログをやめて、他の副業で稼げるようになった経験談【大学生】


ブログ以外の選択肢もあります。
僕自身一度ブログを挫折しており、その期間に下記で実績を作りました。

  • その①:Webライターになって稼ぐ
  • その②:エンジニアになって稼ぐ

その①:Webライターになって稼ぐ

難易度低めです。

3ヶ月ほど頑張れば、誰でも月3万円以上を目指していけます。僕の場合は2ヶ月で月10万円ほど稼げるようになりました。「これ、だれでもできるな…」というのが正直な感想です。行動すればマジで2.3ヶ月後の人生が変わると思います。

Webライターとして稼いだ実績にもなる

Webライターとして結果を出せれば、それを実績としてSNS、ブログ発信していくことができます。僕の場合、Webライターの発信で月間3万PVまで伸ばすことができました。なので、実績がない人にもオススメです!

なお、具体的には「副業としてWebライターを始める3つの手順【3万円を稼ぐ保証付き】」でまとめています。参考までに目を通していただけたら、月3万円を稼ぐロードマップが分かると思います。

その②:エンジニアになって稼ぐ

難易度高めです。

僕自身、絶賛挑戦中でして簡単なサイトなら自作できるようになりました。Webライターと違って稼ぐまでの道のりが長いので挫折する人は多いですが、その分たくさんのお金を継続的に稼いでいくことができますよ。

※0円のプログラミングスクールという近道
最近はプログラミングスクールも増えており、最初の基礎ベースを身につけるならTechAcademyの方が早いかもです。TechAcademyは1週間の無料体験があるので、これを使ってWebアプリケーションの基礎を学ぶのもありですね。
» TechAcademyの無料体験はこちら

まとめ:稼ぐ目的のブログ運営はやめとけ!


さいごにまとめておわりますね。

この記事の要点

  • 稼ぐ目的のブログ運営は挫折するからやめとけ!
  • ブログで稼ぐ条件を満たせば月5万円は稼げる
  • ブログ以外で稼ぐ選択肢もある

こんな感じ。

この記事を読んでる時点で素晴らしいのですが、行動を起こし継続できれば1年後には間違いなく5万円ほどは稼げるようになるので「今日から、いや今から」行動しましょう。大切なので繰り返します。行動しましょう。

1つ悲しいお知らせがあります。

この記事を読んでも、その内の97人はページを閉じて終わるだけです。まずは動いてみないと何も始まらないので、是非アクションをどうぞ。

次に繋がる行動まとめ

  • ブログで月5万円稼いでみる (解説記事
  • Webライターを初めてみる (解説記事
  • 無料でプログラミングを学習してみる (公式ページ)※1週間の無料体験あり