Written by Ippei Torigoe

ブログ運営に使えるフリー素材画像サイト5選【世界観を統一する方法】

BLOG

悩む人「ブログ運営に使えるフリー画像が知りたいな…。ブログのどこに画像を設置すればいいんだろう…。ブログの世界観を統一するには、画像を統一したほうがいいと聞くけど、実際はどうなんですか?」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • ブログ運営に使えるフリー素材画像サイト5選
  • フリー素材をブログで使うメリットと注意点
  • フリー素材画像を使ってブログの世界観を統一する方法

この記事を書いているぼくは、ブログを書いて生活しています。
開設4ヶ月目にして、3.5万PVを達成したので、信頼担保になると思います。

[ ブログ フリー素材 ]で検索してみた…


結論、エグい…。
理由は、10選も20選も「フリー素材サイト」は必要ないからです。

成果を上げているブロガーの90%は、フリー素材サイトを1つに絞っています。特にブログ初心者なら、画像を絞らないと乱雑したブログになってしまうので、選択肢は少ないほうがいいんですよ。

なので今回は、ぼくが実際に使ってきた「フリー素材画像」を厳選してまとめていきます。画像に関する知識を網羅的に埋め込んだので、3分ほど時間をください。

ブログ運営に使えるフリー素材画像サイト5選


次の5サイトです。

  • その①:O-dan
  • その②:storyset
  • その③:いらすとや
  • その④:PIXTA
  • その⑤:Shutterstock

その①:O-dan


無料で使える高品質なフリー素材サイトです。
人物や風景の画像が多く、アイキャッチにすると綺麗な世界観になります。

綺麗な世界観になると、胡散臭さがなくなるので、ブログが読まれやすくなります。伸びないブログほど、アイキャッチを自作していたりしますが、それだと逆に胡散臭くなります。

下手にアイキャッチ画像を自作するよりは、「O-dan」を使ってサイト運営したほうが確実に伸びやすくなると思います。

ぼくの場合も「O-dan」を使っており、昔のマナブさんも使っていました。それ以外にもたくさんのブロガーが愛用しています。無料で使えるので、個人的に1番のオススメサイトです。

O-danで検索する時は、英語でするべし

O-dan内で画像検索する時は、英語で調べましょう。
O-danは海外サイトなので、英語で調べたほうがヒットしやすいんですよね。

「なかなかいい画像がないな…」という時に、英語で調べるといい画像が出てくることがあるので、豆知識として覚えておきましょう。
» 無料で「O-dan」を使ってみる

その②:storyset


無料で使える高品質なイラスト素材です。
storyset」を使うと、おしゃれな世界観になります。

ただ、「storyset」のイラストは”正方形”でして、アイキャッチ画像には不向きなんですよね。なので編集する必要があり、少々手間がかかります。

storysetをアイキャッチ画像にする方法

  • ① storysetでイラストをダウンロード
  • ② Canvaに貼り付け
  • ③ 背景などを変更

少し深堀りしますね。


①に関しては、「storyset」にアクセスして、イラストをダウンロードすればOKです。PNG形式でダウンロードするようにしましょう。


②に関しては、「Canvaにログイン⇨右上のデザインを作成⇨カスタムサイズ⇨1980×1280に設定⇨メディアをアップロード」という手順で進みましょう。


③に関しては、あなたの好みでOKです。シンプルを求めるなら背景は白でもOKです。「storyset」の問題点は「画像サイズ」なので、ここを変更できればあとはなんでもOKといった感じ。

この手法は「ネットの受け売り」ではなく、実際にぼくが編み出した方法なので、知っている人は少ないです。ガンガン真似してOKなので、良質なアイキャッチ画像を作っていきましょう!

その③:いらすとや


吹き出しなどに使う画像は「いらすとや」で探しましょう。
いらすとやでは「ほんわかした人物画」が多く、ブログ内に貼り付けることで読みやすさがあがると思います。

アイキャッチ画像に使うことはできません。
あくまでも、キャラクターとしての使い方が主流です。

ぼくの場合、吹き出しに「いらすとやの画像」を使っています。
吹き出しを作りたい時に、使ってみてください。
» 無料で「いらすとや」を使ってみる

その④:PIXTA


ここからは有料画像サイトです。
PIXTはブログに限らず、Kindle出版などでも使われている画像サイトです。

というのも、高品質な画像&イラストが使い放題なんですよ。
大抵の場合はサブスク性なのですが、PIXTAは1度購入すれば何度でも使っていけるのでお得です。

例えば、ブログと調べてみると、次のような画像が表示されます。


こんな感じ。
有料画像サイトを使うと一気に差別化できるので、ブログ運営で稼いでいきたい方は、登録して損はないと思います。有名ブロガーで使っている人も多いので、あなたもポチりましょう。費用は回収できますよ。
» PIXTAをチェックしてみる

その⑤:Shutterstock


こちらも有料画像サイトです。
たくさんの有名ブロガーが使っているサイトですね。、

例:シャッターストックを使っているブログ

上記の通りです。
無料の画像よりも高品質なので、より世界観の差別化に繋がります。

ポイント:オススメの料金プラン

シャッターストックの料金プランは月に画像枚数によって異なりますが、オススメは350点のプランです。

「1ヶ月で25,000円って高すぎ…」と思うかもですが、
1ヶ月だけ契約して、350枚の画像をダウンロードすればOKです。

すると、1ヶ月分の料金で、350枚の有料画像を使うことができます。1年間は有料画像を使えるイメージ。1日に換算すると60円ほどで、この60円の投資が「後々、何倍にもなって返ってくる」と考えれば、登録は必須ですよね。必要経費としてポチりましょう。
» シャッターストックをチェックしてみる

フリー素材をブログで使うメリットと注意点


フリー素材を使うメリットと注意点をまとめていきます。

フリー素材をブログで使うメリットとは?

  • 読者の目を引きやすい
  • イメージしやすくなる
  • 読みやすくなる

このあたりです。
読みづらいブログ記事は、画像をうまく活用できていません。

例えば、読みづらい記事ほど「文章だらけ」です。
画像を活用することで、上記のメリットが作れるので、画像はたくさん使いましょう。

どこに画像を貼ればいいの?

  • その①:アイキャッチ画像
  • その②:h2見出しの下
  • その③:何かを紹介する時

ぼくの場合は、上記の時に「画像」を使っています。

「アイキャッチ画像」「h2見出しの下」の2つのポイントには、最低限「画像」を張っておきましょう。それ以外の場所は、あなたが参考にしているブログ記事を真似ていけば、OKです。

フリー素材をブログで使う注意点とは?

  • その①:商用利用はできる?
  • その②:クレジット表記は必要?
  • その③:改変はできる?

このあたりは確認しましょう。

例えば、「商用利用がNG」なのに商用利用してしまった場合、損害賠償が発生する可能性があります。なので、自分自身を守るためにも、チェックしておきたいポイントです。

今回紹介したフリー素材サイトは心配無用です。

今回紹介したフリー素材サイトは、全ての注意点をクリアしてます。
しかし、大幅に改造をしたり悪質なことに使うのは、当たり前ですが禁止されています。普通にブログ運営のために使っていれば、全く問題はないので、常識の範囲内で利用していきましょう。

フリー素材を使ってブログの世界観を統一する方法


1つツイートをご紹介します。

ここを深堀りして終わりにします。

なぜ、ブログの世界観を統一するのか?

結論はツイート通り、「固定読者」を増やせるからです。

次の2サイトを比較してみる

  • サイトA:使っている画像が毎回違う
  • サイトB:使っている画像に一貫性がある

あなたはどっちのサイトを、継続的に読みたいと思いますか?

ぼくは、サイトBを読みたいと思いました。

伸びないブログほど、アイキャッチ画像を自作したりしますが、素人感が出るので、オススメしません。それよりはシンプルに「O-dan」を使ったほうがいいです。いかに独自性を捨てられるかは、初心者時代に必要だったりします。

ブログに使うフリー素材サイトを1つに絞る

繰り返しになりますが、フリー素材サイトを絞りましょう。

有料無料関わらず、サイトに使う画像を統一することで、それはブログの世界観に繋がり、世界観が確立すると、それは差別化に繋がり、差別化ができると、固定読者の確保に繋がります。

「画像を統一する⇨世界観ができる⇨差別化になる⇨固定読者がつく」
といった感じです。

下記に参考になるブログサイトを張っておきます。

ブログのテーマ色を3色に絞る

ブログのテーマ色を3色に絞ると世界観が作れます。
伸びないブログほど、テーマ色がバラバラになっており、やはり統一感がないんですよね。そこで、色が統一されているブログサイトを3つご紹介します。参考までにどうぞ。

テーマ色が統一されているブログサイト

こんな感じ。

トップレベルで見やすいブログは2色以内で統一されていますね。
ぼくの場合は「白・黒・青」の3色です。「もっと厳選しなければ…」と思っています。笑

フリー素材画像を絞りつつブログ運営しよう!


さいごにまとめておわりますね。

この記事の要点

  • ①:フリー素材画像サイトは5つでOK
  • ②:フリー素材画像には、メリットと注意ポイントがある
  • ③:世界観を統一したいなら、フリー素材サイトを1つに絞る

こんな感じ。

他サイトでは、10選も20選も紹介されていますが、基本的に必要ありません。なぜなら、世界観が崩れるからです。理想は1つのサイトに絞ることなので、ぜひこの記事を読んだあなたは、フリー素材サイトを絞ってみてくださいね。