Written by Ippei Torigoe

ブログ記事の書き方を徹底解説する【100日間で3万回読まれた経験談】

BLOG

悩む人「ブログの書き方がわからないな…。頑張ってブログ記事を書いてるのに全く読まれない…。読まれる記事の書き方を教えてください!」

こういった悩みに答えていきます。

本日の内容(もくじ)

この記事を書いている僕は、文章を書いて生活しています。
ブログ歴は3ヶ月ですが、当サイトを3万PV以上まで伸ばしました。

ブログ記事の書き方を徹底解説する


ブログの書き方を3つの手順を解説します。
結論は、下記の通り。

  • 手順①:キーワードを決める
  • 手順②:もくじを作る
  • 手順③:文字を書いていく

手順①:キーワードを決める

まず、キーワードを決めましょう。
キーワードは「記事の指針」なので、何も狙わない記事は、時間の無駄です。

キーワード選定に使うツール

キーワード選定には「ラッコキーワード」を使いましょう。


キーワードを検索すると、複数のサジェストが表示されます。
サジェストから、キーワードを選びましょう。

ちなみに、キーワードを決めずに稼ぐ人もいますが、元から知名度がある人がほとんどです。参考にはなりません。

なので、キーワードを必ず決めてから執筆する癖をつけましょう。
基本、1キーワード1記事ですね。

手順②:もくじを作る

もくじを作るキーワードを選んだら、読者の悩みを考えます。
そして「悩みへの回答」を「もくじ」にしていきます。

例えば、下記です。

選んだキーワード

ブログ 書き方

読者の悩み

  • ブログの書き方がわからない。
  • 頑張って書いても文章が上手くならない。
  • 読まれる記事の書き方を教えてほしい。
  • 上記は、当記事の”キーワード”と”想定した悩み”です。
    そして、悩みへの回答を「もくじ」にしていきます。

    読者の悩みから考えたもくじ

    • ブログ記事の書き方を徹底解説する
    • ブログを書く際に注意すべき3つのこと
    • 読まれるブログ記事を書く上で一番大切なこと

    悩みからもくじを作り、もくじをH2にするイメージですね。
    悩みを抱えている人をイメージし、会話するように書くことが重要です。

    手順③:文字を書いていく

    ここで初めて、本文を書いていきます。
    現時点で、記事の骨組みは完成してる状態です。

    ブログ執筆では「主張」の型を使う

    • ① 主張する
    • ② 理由を述べる
    • ③ 具体例を述べる
    • ④ 反論への理解を示す
    • ⑤ もう一度、主張する

    上記を使い、見出しや小見出しを深堀します。
    この型は優秀なので、覚えておきましょう。

    主張の型を使った具体例

  • 主張:キーワードを決めましょう
  • 理由:キーワードを狙わない記事は、時間の無駄だから
  • 例え:僕の場合ラッコキーワードで、キーワードを決めている
  • 反論への理解:キーワードを決めずに稼ぐ人もいるが、元の知名度が高い
  • 再度、主張:なので、しっかりとキーワードを決めましょう
  • 例えば、上記です。
    基本的に「主張」の型を使うと、文章に説得力が付きます。

    説得力が付くと信頼性に繋がります。
    このように、プラスの連鎖が生まれるのでおすすめです。

    ブログを書く際に注意すべき3つのこと


    結論は、3つあります。

    • 注意点①:読者を1人に決めること
    • 注意点②:自分語りしないこと
    • 注意点③:書き急がないこと

    注意点①:読者を1人に決めること

    想定読者を1人に絞りましょう。
    具体的には、下記です。

    • 過去の自分
    • 友人や家族

    上記の2つのみです。
    この記事では、友人をイメージして執筆しています。

    想定読者を絞れると、より直接的な解決策を掲示できます。
    ゆえに、記事の質が上がるのです。

    なので、読者を1人に絞って執筆しましょう。
    鮮明に読者を想像することが、コツです。

    注意点②:自分語りしないこと

    つぎに、自分語りをしてはいけません。
    なぜなら、誰も「私たち自身」には興味がないから。

    しかし、自分語りをしていいタイミングも存在します。
    それが、下記です。

    • 主張する
    • 理由を述べる
    • 具体例を述べる ←ここです
    • 反論への理解を示す
    • もう一度、主張する

    具体的の時に、体験談を挟むと「説得力」に繋がります。
    なので、具体例の時にだけ、自分語りをしましょう。

    注意点③:書き急がないこと

    書き急がないことは、割と重要です。
    なぜなら、ブログ記事は「質が命」だから。

    例えば、話題のビジネス書などでは「時間を短縮して効率的に作業する」ことが美徳とされている場合が多いです。

    上記に影響され、30分ほどでブログを書く人もいると思います。
    しかし、繰り返しですがブログは「質が命」です。

    どれだけ早く書けても、低品質なら時間の無駄。量での勝負は、企業に負ける

    個人ブログの戦い方は「質」で勝負するしかないんです。
    僕は1記事書くのに4時間ほどかけてます。

    書き急がずに、じっくりと書いていきましょう。
    急がば回れですよ。

    読まれるブログ記事を書く上で一番大切なこと


    結論は「読者と会話するイメージを持つこと」です。

    直接的に読者の悩みを解決できる

    会話イメージを持つと、読者の悩みの解決に繋がります。
    なぜなら、読者の悩みを予想できるから。

    例えば、読まれないブログは読者をイメージしておらず、自己満足的な記事が完成します。

    上記を悪いわけではありません。
    ただ、読まれたいなら「会話するイメージ」を持つことが重要です。

    悩みに回答していくだけ

    ブログ記事では「悩み」に回答していくだけです。
    それを今回の記事で解説しました。

    まとめると、下記です。

    ブログを書き始める3つの手順

    • 手順①:キーワードを決める
    • 手順②:もくじを作る
    • 手順③:文字を書いていく

    ブログで文章を書く際の注意点

    • 注意点①:読者を1人に決めること
    • 注意点②:自分語りしないこと
    • 注意点③:書き急がないこと

    繰り返しですが、ブログの目的は「悩みの解決」です。
    読者を明確にイメージしつつ、悩みに回答していきましょう。

    今回の記事は終わりです。
    参考になれば、幸いです。

    ブログで月5万円稼ぐ手順を知りたいへ!