Written by Ippei Torigoe

【隠れ名著】ハーバードの個性学入門【平均思考は捨てる/自分の個性と向き合う方法】

BOOK

画像名
悩む人

ハーバードの個性学入門を知りたいな。人の個性に目を向けるられるようになりたいな。自分の個性と向き合いたいな。

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • ハーバードの個性学入門の感想&まとめ
  • 個性に目を向けるための3つの原理
  • 平均的な人間などいない

この記事を書いている僕は、年500冊ほど読書をしますが「ハーバードの個性学入門」は、間違いなく上質な本だと断言できます。

今回は「ハーバードの個性学入門」の要点をまとめていきたいと思います。
» Amazonでチェックしてみる

ハーバードの個性学入門の感想&まとめ

結論:平均から物事を見てはいけない

平均から差し引きしたところで、自分の価値は測れないということ

内容の要点は、下記の通り。

  • 教育という工場
  • 個性に目を向けるための3つの原理
  • 平均的な人間などいない

教育という工場

学校教育は「工場での仕事を完璧にこなす労働者」を作るための場所です。
具体的には、下記の通り。

  • 年齢別にグループ分けされる→工場のシステム
  • グループ単位で様々な教室を回る→工場のシステムに慣れるため
  • 授業の開始と終了を告げるベル→工場のベルの真似

以上の通り。完璧な労働者を作り上げるためのシステムが、いまだに残っています。
日本の場合は、平均的な兵隊を作るための制度もありますね。

上記に共通することは「平均的な労働者」を増やすシステムということ。
ゆえに、学校教育では「平均点」で評価し、成績においても平均で優秀さを判断します。

個性に目を向けるための3つの原理

日本に根付く「平均主義」から脱出するために大切な「3つの原理」があります。
具体的には、下記の通り。

  • その①:バラツキの原理
  • その②:コンテクストの原理
  • その③:迂回路の原理

その①:バラツキの原理

「個性や能力は人によってバラツキがある」という原理のこと。
具体的には、下記の通り。

  • 身長や体重の平均値を出しても、実際に平均な数値の人は2%しかいない
  • テストにおける平均点付近の人数が、一番少ない
  • 身長が平均的だからといって、体重や腕の長さまで平均的とは限らない

上記の通り。まとめると「平均的な人間」は存在しない。
私たちの個性や能力には「バラツキ」があり、そこに目を向けることが重要。

その②:コンテクストの原理

「コンテクスト(環境)によって、人の個性や考え方は変化する」という原理のこと。
具体的には、下記の通り。

  • ミルグラムの実験→権力者のいうことには逆らえない
  • 性格の変化→普段はおとなしくても、ゲームをすると明るくなる
  • 才能の変化→学校の成績はCだが、スポーツになると天才的

上記の通り。コンテクストの変化によって「人格や才能」は変化します。
ゆえに、人間を平均化で評価することは間違っているといえる。なぜなら、環境が変われば「頭角を現す」可能性があるからだ。

なので、個人の才能や能力にもっと目を向けよう!というのが「個性学」の考え方です。

その③:迂回路の原理

「成長の模範解答はない!」という原理です。
具体的には、下記の通り。

  • 3歳になっても歩けない→3歳児の平均と比べて心配になる
  • 3歳で5か国語を会得→3歳児の平均と比べて天才的だと判断する
  • 12歳でおねしょ→12歳の平均と比べて心配になる

上記の通り。人間は平均と比べることで、心配になったり安堵したりする。
しかし、迂回路の原理では「成長スピードは人それぞれ」ということ。

当たり前のことですが、これは大切なことだと思います。

ハーバードの個性学入門【平均思考は捨てなさい】のまとめ

結論

平均思考を捨て、しっかりと個人を見よう

平均主義から脱出するために、必要な3つの原理がありました。

  • その①:バラツキの原理
  • その②:コンテクストの原理
  • その③:迂回路の原理

上記の通りです。
ハーバードの個性学入門はあまり知られていない「隠れ名著」です。
» Amazonでチェックしてみる

メンタリストDaiGoのおすすめ本をまとめて知りたい方は、合わせてどうぞ。