Written by Ippei Torigoe

コインチェック→バイナンスへ送金する方法!【経験談から語る】

CRYPTO DiFi

悩む人「コインチェックからバイナンスへ暗号資産を送金したいな。ミスったらお金が消えるし、絶対に失敗したくないなぁ。」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • コインチェックからバイナンスへ送金する方法
  • 暗号資産の送金時に注意すべきこと

この記事を書いている僕は、DiFiを運用しています。
コインチェック→バイナンスへの送金も経験済みです。

コインチェックからバイナンスへ送金する方法


具体的な手順は、次のとおり。

  • 手順①:バイナンスで入金アドレスを確認
  • 手順②:コインチェックで送金先の設定
  • 手順③:バイナンスで入金確認

簡単に送金できます。
ただ、暗号資産のやり取りは、送金先を1文字でも間違えると返ってきません。アドレスの入力には最新の注意を払いましょう。

補足:送金をする前に準備があります

上記がまだの方は①〜③をすませてから先に進みましょう。

手順①:バイナンスで入金アドレスを確認


まずは「Binance」にログインして、入力アドレスを確認していきます。
まず「ウォレット → フィアットと現物」をクリックしてください。


つぎに「入金」をクリックします。

※注意点:暗号通貨の選び方
通貨には色々な種類がありますが、「BTC・ETH」のどちらかから選びましょう。その理由は簡単だからです。なお、今回はETHを使って解説していきますね。


選択した通貨が選択されていることを確認します。
僕の場合は「ETH」ですが、BTCを選んだ方は「ETH」を選びましょう。

ビットコインなら「BTC」を選択。
イーサリアムなら「ETH」を選択。

少し待つとアドレスが出現するので、コピーします。
このアドレスに送金すると、バイナンスに届くという感じです。

手順②:コインチェックで送金先の設定


続いて、コインチェックで送金宛を選択してきます。

なお、暗号通貨があることを前提としています。
まだ持っていない方は「【超簡単】コインチェックでイーサリアムを買う方法【送金する方法も開設】」を参考に暗号通貨を購入してみましょう。


暗号資産の宛先を指定します。
具体的には、下記です。

  • ① コイン送金をクリック
  • ② BTCかETHを選ぶ
  • ③ 宛先欄にメタマスクのアドレスをコピペ
  • ④ 金額を選択するをクリック
  • ⑤ 送金する

手順③:バイナンスで入金確認


送金が完了したので、バイナンスで確認をしていきます。
まず「ウォレット → ウォレット概要」をクリックします。


入金欄に送金額があることを確認しましょう。
もし表示されない方は、数分待つと現れます。

これにて送金は完了です。
ではさっそく、バイナンスで暗号資産を購入していきましょう。

具体的な手順は、 後日解説します。

暗号資産の送金時に注意すべきこと


送金が怖い方向けです。
送金できた方は読まなくてOKです。

暗号資産の送金時に注意すべきこと

  • ウォレットアドレスをコピペする
  • 暗号通貨の種類を確認する
  • スマホはNG。パソコンを使う。

ウォレットアドレスをコピペする

ウォレットアドレスは、確実にコピペしましょう。
言うまでもなく、手打ちは絶対にNGです。

手打ちする人とかいるの?と思うかもですが、スマホで送金する方や、ご高齢の方はやりがちです。

送金アドレスを一文字でも間違えたら、資産はすべて消えます。
返ってくることは100%ありません。

なので、最新の注意を払いつつコピペしましょう。
大事なので繰り返します。手打ちは絶対にNGです。

暗号通貨の種類を確認する

暗号通貨の確認も大切です。

例えば、バイナンスでETHを選択したが、コインチェックではBTCを選択していた、という感じ。

通貨の種類を揃えなければ送金できません。
見落としがちなので、繰り返し確認してみてください。

スマホはNG。パソコンを使う。

これは定番です。
暗号通貨を扱う場合は、パソコンを使いましょう。

スマホで暗号通貨のやり取りに挑戦した人もいましたが、みな途中でやめています。

その理由は、パソコンでやる方が効率的かつ安全だからです。

当記事を読む方の目的は、おそらくDiFiが多いはず。
送金くらいならスマホでもできますが、DiFiだと厳しいです。

「DiFiの取引=スマホだとNG」という認識でもOKです。