Written by Ippei Torigoe

【厳選】コピーライティングのおすすめ本5冊!500冊読んだ僕が解説

DaiGo

悩む人「コピーライティングのおすすめ本を知りたいな…。コピーライティングを勉強して、Youtubeやブログを伸ばしたいな…。」

こういった悩みを解決します。

本記事の内容

  • コピーライティングのおすすめ本5冊
  • コピーライティングを使ってブログやSNSを伸ばす方法

この記事を書いている僕は、年500冊ほど本を読む生活を送っています。読書が生きがいみたいな人生ですので、記事の信頼担保に繋がると思います。

コピーライティングとは?


結論は、広告宣伝のために使われる文章のこと。
ここを勉強することで、成果に直結しやすくなります。

例:ブログで考えてみる

ブログでいうコピーライティングは、タイトルや見出しです。

ここに最適な文章を入れることで、より成果につながっていきます。当記事の場合も、コピーライティングを学習した結果、3ヶ月で3万PVほどまで伸ばすことができました。なので、コピーライティングは大切です。

例:Youtubeで考えてみる

Youtubeにおいてもコピーライティングは重要です。
なぜなら、Youtubeはタイトルやサムネのキャッチーさが重要だから。

経験談;コピーライティングを学習したら登録者が増えた

コピーライティングを学習したら、チャンネル登録者が5000人を超えました。

もともとは1000人くらいだったので、効果を実感しています。SNSを頑張っていきたい方にとっては、必須の知識ともいえますね。

コピーライティングのおすすめ本5冊まとめ


実際に僕が読んでみてよかった、コピーライティングのおすすめ本をまとめていきますね。

無料で本を読む裏技

売れるコピーライティング単語帖


コピーライティングで使える単語がまとめられている本です。

この本は単語帳なので、辞書を引く感覚で、優れたタイトルをつけることができます。

YouTubeやブログのタイトルをつけるのに、時間がかかってしまう方や、苦手意識がある方におすすめの一冊です。

ザ・コピーライティング

相手の心の刺さる文書を教えてくれる一冊です。

ダメなタイトルと良いタイトルを比べながら解説してくれているので、優れたコピーライティングが作れるようになります。

また、コピーライティング以外にも応用できる技術なので、読んで損はしません。

10倍売れるWebコピーライティング


バズ部によって書かれた、Webに特化したコピーライティング本です。

言葉を少し変えただけで、売上やCVRが大きく伸びることもあるので、下手に広告を売ったり商品開発したりするよりコスパが良いかもしれません。

Webマーケティングで長年成果を上げている、バズ部のノウハウを手に入れたい人におすすめの本です。

禁断のセールスコピーライティング


マーケティングの神様とも言われる神田昌典さんによって書かれたセールスコピーライティングの本です。

コピーライティングの経験が浅い人が読むとピンと来にくいないようですが、何年か実務経験を積んだ人であれば、目からウロコの情報満載が満載です。

実際にセールスレターも公開されているので、実務に役立つコピーライティングスキルを習得したい人におすすめの本です。

最強のコピーライティングバイブル

コピーライティングの古典3冊の重要な部分を凝縮して、一冊にまとめられています。

具体的なコピーライティングの練り方や、コピーライティングの型を知ることができます。

今まで学んできたコピーライティングの知識をまとめる形で、読むことをおすすめします。

コピーライティングを使ってブログやSNSを伸ばす方法


コピーライティングを使ってブログやSNSを伸ばす方法をまとめます。

この記事を書いている僕は、SNSのフォロワーが34万人を超えました。
ブログも月間1万PVを超えているため、信頼担保に繋がると思います。

コピーライティングを使って”ブログ”を伸ばす方法

結論は、記事の書く際に活かせれば、自然とブログは伸びます。

理由は、コピーライティングを応用することで、クリックされやすくなるから。僕自身、コピーライティングを学ぶことで、アクセス数を伸ばすことができました。

なお、具体的な方法は「ブログ記事の書き方を徹底解説する【100日間で3万回読まれた経験談】」でまとめています。参考までに目を通していただけたら全体像を掴めると思います。

コピーライティングをSNSに活かす方法

コピーライティングをSNS運用に活かすこともできます。

なお、具体的な方法は「Twitterフォロワーを100人にする方法【成果保証します】」でまとめています。ツイッターを例にして解説しているので興味ある方はどうぞ。

合わせて読みたい