Written by Ippei Torigoe

【超初心者向け】失敗しない仮想通貨の始め方【3つの手順で解説】

CRYPTO

悩む人「仮想通貨の始め方を知りたいな。世の中では仮想通貨がブームになるみたいだけど、何をすればいいかわからない。自分も波に乗ってみたい。」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • 仮想通貨の始め方【3つの手順で解説】
  • 仮想通貨の初心者が最低限知っておくべきこと
  • どの通貨を買えば儲かるのか【結論:BTC】

この記事を書いている僕は、全財産を仮想通貨に投資しています。
各暗号通貨をガチホしているので、信頼担保に繋がると思います。

失敗しない仮想通貨の始め方【3ステップ】


結論は、次の3つです。

  • 手順①:基礎学習
  • 手順②:口座開設
  • 手順③:暗号通貨を購入

手順①:基礎学習

まずは基礎学習をしましょう。
ある程度の知識を身に着けないと、仮想通貨の世界では淘汰されます。

このあたりを読んでおけばOKです。
よくあるパターンとして、ずっと情報収集している人がいます。しかし、数冊読んだら次に進みましょう。基礎知識を身に着けたら、あとは実践レベルの知識を身に着けていきましょう。

手順②:口座開設


つぎに仮想通貨取引の口座を作りましょう。

個人的に「Coincheck」という取引所がおすすめです。
画面が見やすく使いやすい。日本円にも対応しているので、初心者にとって優しい取引所となっております。

無料開設できるので、とりあえず手を動かしましょう。
» Coincheckを無料開設してみる

手順③:暗号通貨を購入

さいごに暗号通貨を購入していきます。
完全初心者の場合、2つの手順があるので解説します。

  • 手順①:まずは少額から購入してみる
  • 手順②:慣れてきたら取引所で売買する

手順①:まずは少額から購入してみる

まずは1,000円ほどの少額から始めましょう。
といのも、いきなり大金で取引をするのはリスクが大きいから。まずは少額から始めてみて、仮想通貨を保有する経験を積んでいきましょう。

1. まずは日本円を入金します。

「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3つがあるので、そのうちの一つを選びましょう。

2.仮想通貨を購入します。

500円から購入できるので、まずは安めの金額でOK。とにかく経験を目的としているので、とにかく安めに設定すればOKです。少額でも仮想通貨を買ってみると見える景色が変わりますよ。

手順②:慣れてきたら取引所で売買する


慣れてきたら取引所で購入していきましょう。
取引所だと暗号通貨を安く購入することができます。

  • ① 暗号通貨を選択
  • ② レートを選択
  • ③ 取引額を選択

レートの選択が難しいかもですが、動いている金額をクリックすればOKです。

補足:販売所と取引所の違いとは


暗号通貨の販売元が異なります。基本的に取引所のほうが安く購入できますが、難易度は高い。なので、前述した手順でステップアップしていけばOKです。ただし、最終的には「取引所」で売買できるようになりましょう。

仮想通貨の初心者が最低限知っておくべきこと


結論は、次の3つです。

  • その①:情報収集が最重要
  • その②:長期目線で保有する
  • その③:損できる金額を使う

その①:情報収集が最重要

仮想通貨における最重要、それは情報収集です。
仮想通貨の世界は進化が早いため、継続的に情報収集をしないと失敗します。

例えば、ビットコインが暴落してしまい、焦って全てを売ってしまった…。という事例もあります。

しかし、しっかり情報収集をしていれば、再び値が戻ることも予想できたはずです。こんな感じで、仮想通貨における情報弱者は淘汰されます。

日常的にニュースを拾うなり、テクノロジーの動きに目を向けるなりしておく必要があります。これは最重要なので、ぜひ覚えておきましょう。

その②:長期目線で保有する

長期目線で保有することも大切です。
仮想通貨の世界ではこれを「ガチホ」と呼びます。

例えば、仮想通貨初心者は短期的な値を見てしまいます。
「値が高騰したので利確しました…!」といった感じです。

しかし、長期目線で仮想通貨を見ると、今後さらに価値が上がっていくは明確です。なので、短期的な変動に左右されずに、ガチホすることが大切なのです。

暗号通貨を買うタイミングとは?



マイナビニュース参照

値が下がっている時に買うのが理想です。
なぜなら安く買えるから。

上記画像では、値が高騰した時に「売る」とありますが、ここは無視でOKです。言うまでもなく、ガチホしましょう。

しかし、長期目線で見ると「今」ですね。
おそらく仮想通貨の価値は今後上がり続けていくため、今の価格が一番安いのです。

過去の僕も、暴落を待っていたらビットコインが700万ドルに達してしまいました。

なるべく「今」に近く、そして値が下がっている時に購入するのがベストです。

その③:損できる金額を使う

これも超重要です。
損できる金額を使いましょう。

例えば、借金してまで暗号通貨を買うのは「愚の骨頂」です。

仮想通貨はたしかに「長期的に見れば価値があがる可能性が高い」ですが、短期的に見ると暴落する可能性もあるのです。

借金したり、家を売ってまで仮想通貨を買ったのに、価格が暴落してしまったら確実に死にます。なので、必ず余剰資金を使いましょう。

どの通貨を買えば儲かるのか【結論:BTC】


結論として、次の3つです。

  • ① ビットコイン (BTC)
  • ②イーサリアム (ETH)
  • ③ リップル (XRP)

とりあえず上記を買っておけばOKです。
その理由は、時価総額のTOP3だからです。

ビットコインとイーサリアムは王道ですね。リップルに関しても、市場が出来上がりつつあるので、これからも伸びていくと思います。

まずは小さく動いてみよう

500円から仮想通貨は始められるので、まずは小さく動いてみましょう。
少額でも仮想通貨を保有してみると、見える世界が変わります。

仮想通貨のニュースに敏感になり、ブロックチェーンなどのテクノロジーへの理解も深まるといった具合です。

2021年の段階で仮想通貨を持っていない人は、はっきりいって時代遅れです。次の10年で確実に仮想通貨の領域は伸びるので、今のうちからベッドしておきましょう。

このページを読んだ97人は行動しない

この記事を読んでも、その内の97人はページを閉じて終わるだけです。まずは動いてみないと何も始まらないので、是非アクションをどうぞ。

» 無料でCoincheckを初めてみる