Written by Ippei Torigoe

【保存版】Decentralandの始め方【遊び方も合わせて解説】

Metaverse

悩む人「Decentralandを始めてみたいな。メタバースってお金がかかるイメージだけど、無料で遊べるのかな?コンピューターには詳しくないけど、Decentralandをやってみたいです!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • Decentralandの始め方
  • Decentralandの遊び方

この記事を書いている僕は、日常的にメタバースを触っております。
IT系の発信でフォロワー4,000人を超えたので、信頼担保につながるのかなと。

Decentralandを始めるのに必要なモノ

  • パソコン+ネット環境
  • メタマスク(ウォレット) ※無料です
  • ゲーム通貨(MANA) ※少額でOKです

なお、具体的には「【初心者向け】安心・安全なメタバースの始め方【3つの手順で解説】」でまとめています。合わせてどうぞ。

Decentralandの始め方【3ステップで解説】


次の3ステップです。

  • その①:公式ページにアクセスする
  • その②:初期設定する
  • その③:遊んでみる

ゲーム通貨(MANA)を持っていない方へ

まずは上記を済ませましょう。というのも、後々MANAが必要になってくるんですよね。1,000円ほどの少額でOKなので、ゲーム通貨を買うところから始めましょう。

その①:公式ページにアクセスする


まずは公式ページにアクセスしましょう。
» Decentralandはこちらから

「GET STARTED→Wallet」とクリックしていきます。

「MetaMask」というキツネのアイコンをクリックします。


パスワードを入力し、署名します。
これにてアクセスは完了です!

その②:初期設定する


続いて、初期設定をしていきます。
アバターを自由に着せ替えするイメージですね!


顔のパーツや性別、ファッションを自由に選べます!
Decentralandでは、ファッションアイテム等を売買できるみたいですね。


ぼくもアバターを作ってみました。シ、シブい…。
キャラを作ったら「DONE」をクリックしましょう。


ユーザーネームとメールアドレスを設定しましょう。
入力したら「NEXT」をクリックします。


上記画像の場所にリスポーンできれば成功です!
お疲れ様でした!

その③:遊んでみる

あとは遊んでみるだけです。
操作方法だけ覚えておきましょう!


操作方法は上記の通り。
一般的なゲームとほとんど同じですね。

シューティングゲームとは違い、うまく操作できなくても遊ぶことができます。自由気ままに仮想空間を楽しんでみてください!

補足:Decentralandを体験してみた

ぼくもDecentralandを遊んでみました。
独自の世界観があって楽しかった!


イーロン・マスクを発見笑。
どうやら作品を展示できるみたいですね。


CryptoPunksという人気NFTを発見。
Decentraland内で「NFT美術館」とかできたら面白そうですね。


映画館を発見。
メタバース空間で映画を見れたら最高ですよね。

Decentralandの遊び方【始めた後にやること】


次の3つです。

  • その①:Classics
  • その②:Events
  • その③:Crowd

その①:Classics


遊園地的な印象を受けました。
古い建築物が密集しており、アトラクション的に遊べます。

例:猿のアトラクションに乗ってみた


猿のアトラクションに乗ってみました。


探検っぽい音楽が流れています。
細かいところまで作り込まれているな、といった印象。


乗り物に乗って、ダンジョンを探検できる感じですね。
遊園地さながらの臨場感を味わうことができました。

他にもいろいろな種類の建物があったので、ぜひ遊んでみてください!

その②:Events


開かれているイベントに参加できる印象です。
NFTアートを販売していたり、ゲーム内通貨を使ってミニゲームができました。


作品が展示されています。
上記以外にもたくさんの作品がありました。


展示されてる画像1枚1枚に値付けがされていました。
販売プラットフォームのアドレスと紐付いているので、本当に購入できますね。

例:ミニゲームで遊んでみた


MANAという通貨を使うことで、ミニゲームができます。ちなみに、MANAは換金できるので、ゲームセンター的なイメージですね。

ぼくも実際にプレイしてみました。


ツルハシで金を採掘。
ルールがわからないので、手当り次第採掘する。


銃が手に入ったので、クリックすると発泡。
わりと本格的で楽しかったです。

経済活動を楽しみたい方は、Eventsで遊んでみてください!

その③:Crowd


Decentraland内の1番人が多い場所に飛べます。
上記画像には203とありますが、これは203人が集まっている場所という意味です。

人混みに行きたい方は、Crowdを使ってみてください!