Written by Ippei Torigoe

【簡単】ポルカドット(DOT)の購入方法【おすすめ取引所を徹底比較】

CRYPTO

悩む人「ポルカドットの購入方法を知りたいな。どの取引所を使うのがいいですかね?初心者にもわかるように解説してください!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • ポルカドット(DOT)の購入方法とは
  • ポルカドット(DOT)を購入できる取引所とは
  • ポルカドットを購入する注意点とは

この記事を書いている僕は、ポルカドットを愛しています。
暗号通貨の発信でフォロワー1万人を達成したので、信頼担保に繋がるかなと。

ポルカドットとは?

インターオペラビリティ(相互運用性)が特徴の通貨です。意味不明ですね。簡単に言うと、異なるブロックチェーンを行き来できるということ。通貨の橋渡し役です。


2022年の時価総額は第10位。比較的歴史が浅く、ここ数年で爆発的に伸びた通貨のひとつです。個人的に注目している通貨ですね。

ポルカドット(DOT)の購入方法【簡単です】


ポルカドット(DOT)の購入方法を解説します。

  • その①:国内取引所で購入する
  • その②:海外取引所で購入する

その①:国内取引所で購入する

まずは国内取引所で購入するパターンですね。
個人的には「bitFlyer」がおすすめです。

GMOやSVIでも取引できますが、一番扱いやすいのがbitflerでした。初心者でも簡単に購入できるので、おすすめです。

» 無料でbitflerを開設してみる

その②:海外取引所で購入する

続いては海外取引所で購入する方法です。
個人的には「Binance」がおすすめです。

海外取引所はBybitかBinanceの2択なのですが、Bybitはビットコインなどのガチホに向いてます。それに対し、Binanceはアルトコインのガチホに向いているので、ポルカドットを扱うならBinanceがおすすめです。

解説記事のリンクを張っておきます

※ 上記リンクをクリックすると、解説記事に飛びます。

なお、②の記事ではBNBという通貨を使って解説していますが、ポルカドットに置き換えて読み進めればOKです。

ポルカドット(DOT)を購入できる取引所とは


ポルカドットを購入できる取引所をまとめていきます。

ポルカドットを扱う国内取引所一覧

bitFlyer 最低取引額:0.001(約4,000円)
SBIトレード 最低取引額:0.0001BTC(約400円)
GMOコイン 最低取引額:0.0001BTC(約400円)

上記がポルカドットを扱っている国内取引所です。
繰り返しですが、個人的には「bitFlyer」がおすすめ。

大手&使いやすく、各種手数料が無料なので、初心者でも安心です。

ポルカドットを扱う国内取引所一覧

Binance 取扱銘柄数が世界トップクラス
bybit 主要銘柄のガチホ向き。日本人でも扱いやすい
Deepcoin Defiを利用できる

上記がポルカドットを扱っている海外取引所です。
繰り返しですが、個人的には「Binance」がおすすめ。

取扱銘柄数&利用者数ともに世界トップクラスなので、おすすめです。ただ海外取引所は法規制が整っていないので、注意が必要です。あくまでも自己責任でお願いします。

ポルカドットを購入する注意点とは


余剰資金を使うことです。

なぜ、余剰資金が大切なのか?

暴落する可能性があるからです。

ポルカドットは暗号通貨なので、価値の変動が激しいわけです。全財産を投資するのはリスクが大きすぎます。もし、投資をする際は必ず余剰資金を使いましょう。

ポルカドットのチャートを見てみよう


出典: CoinMarketCap

2021年の11月に高騰し、現在は下落しています。投資は下落時に買うのがマストなので、もし購入を考えている方は、個人的に「今」はチャンスだと思います。※買い煽っているわけではありませんのでご了承くださいませ。

ポルカドットの将来性を予想する

ポルカドットの将来は明るいと思っています。

手数料であったり、開発が簡単だったり、世界中のブロックチェーン開発者からも注目されています。また2年という短い期間で「時価総額トップ10」に入るという実績も残しているわけです。個人的には将来性はあると感じています。

ポルカドット(DOT)の購入方法まとめ


さいごにまとめておわります。

  • ポルカドットは相互運用性が特徴の通貨
  • おすすめの取引所は、bitFlyer・Binanceの2つ
  • ポルカドットを購入する際は、余剰資金を使う

こんな感じです。

世界中から注目を集めてきたポルカドット。2年という短い期間で時価総額トップ10まで上り詰めました。下落中の今は「買い」なので、まずは小さく始めてみましょう!