Written by Ippei Torigoe

1日4分の運動『HIIT』を1年間継続した感想。←確実に痩せます

LIFE

悩む人「HIITって本当に効果あるの?HIITを始める前に、経験談が聞きたい。継続するのが苦手で、挫折してしまう。」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • HIITを1年間継続してわかったこと
  • HIITを継続するコツ
  • ノルウェーHIITの継続は厳しい理由

この記事を書いている僕は、HIITを1年間継続しました。
きっかけは、DaiGoさんの動画です。

HIITトレーニングとは?


HIITとは高強度のインターバルトレーニングのことです。
効率よくエネルギーを燃焼できるトレーニング方法として、最近話題になっています。

なぜ、HIITなのか?

  • メリット①:短時間でできる
  • メリット②:ランニングより効果がある
  • メリット③:脂肪を燃焼&心肺機能の向上が期待できる

こんな感じです。
上記は実際にぼくが感じたメリットですね。詳しは記事の後半にまとめていきます。

HIITトレーニングにはひとつ欠点がある

それは、めちゃくちゃきついこと!

最大心拍数の7割を狙っていくので、HIITトレーニング後には毎回吐き気に襲われていました。なので、運動に慣れていない方は死ぬ覚悟が必要です。

HIITトレーニングを1年間継続した経験談

HIITトレーニングを1年間継続しました。
めちゃくちゃきつかったのですが、なんとか頑張りました。

具体的には体重が落ちたり、体力が上がったりなど、色々な効果を実感したので、これからまとめていきますね。

HIITを1年間継続してわかったこと


結論は、確実に痩せるということ。
僕自身、食事制限は一切していませんが、なんと7キロも痩せることができました。

それ以外にも、3つのメリットを感じました。

  • ①:理想体重に落ち着いた
  • ②:集中力が長時間もつようになった
  • ③:体力が増加した

上記の通り。
それぞれ深堀していきます。

理想体重に落ちる

理想体重に落ち着きました。

HIITをやったことによる体重の変化

HIITを始める前 HIITを始めた後 1年間の結果
体重:75kg 体重:68kg -7kg(食事制限なし)

食事はいつも通りだったにも関わらず、最適体重に落ち着きました。

上記から、HIITがダイエットに効果的だということが示唆されます。

HIITを初めて集中力がアップした

集中力が高まりました。

もともと集中力はない方の人間で、Apple Watchで集中時間を計測したところ、30分が限界でした。

しかし、HIITを継続後にはなんと、90分近くまで集中時間を伸ばすことができました。これは明らかに異常な数値でして、おそらくHIITが原因だと思っています。

HIITを初めて体力が増加した

体力が増加しました。

シャトルランの変化

HIITを始める前 HIITを始めた後 1年間の結果
シャトルランの回数:102回 シャトルランの回数:135回 +33回(660メートル)

シャトルランは、20mを行ったり来たりする往復走です。

単純計算で、660mも走れるようになりました。

しかも、シャトルランは回数を重ねるごとに、走るスピードを上げていかなければならないため体力の増強度は、かなりものだと考えられます。

HIITを継続するコツ【1年間継続した経験談】


HIITは基本的にきついです。

なので、挫折もしやすいと思います。
実際、僕も何度か挫折しかけましたが、その際に意識したことが下記です。

  • 毎日やる
  • 室内でやる
  • 定期的にご褒美をあげる
  • もしサボっても、自分を責めない
  • ダルくても、1セットだけ必ずやる

上記の通り。
毎日がきつい方は、週4日以上はやった方が良いと思います。

人間は週4日以上やると挫折しづらくなります。
なので、もしあなたがHIITを本気で継続したいなら、参考にしてみてください。

ノルウェーHIITの継続は厳しい理由

初心者はノルウェー式HIITは避けよう

ノルウェー式HIITとは、HIITの中でも特にきついとされているトレーニングプログラムのこと。メンタリストDaiGoさんがやられているモノですね。

初心者におすすめのトレーニング方法(リンクあり)

上記の通りです。
ちなみに、僕はタバタ式トレーニングをやってます。

詳しいやり方等は、上記のリンクから確認してみてください。

というわけで今回は以上となります。
HIITのおすすめ本を知りたいよって方は、HIITのおすすめ本まとめ5冊【これ読めば痩せます】も合わせて読んでみてください。