Written by Ippei Torigoe

【2021年版】キーワードプランナーの使い方+代わりの無料ツール【11枚の画像で解説】

BLOG

画像名
悩む人

この記事で解決できるお悩み
・ キーワードプランナーの使い方を知りたい
・キーワードプランナーを使ったブログ運営をしたい
・代わりになる無料ツールを探している

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容(もくじ)

この記事を書いている僕は、ブログ歴2か月です。キーワードプランナーを使うことで、SEO1位を獲得し、月収は15万円を越えました。

キーワードプランナーとは?

キーワードプランナーとは、Googleの無料ツールで「検索ボリューム」や「関連キーワード」を調べることができます。

ブログ運営に役立つ無料ツールです。
本来は有料なのですが、Google広告に登録すると、一部機能は無料で使えます。

キーワードプランナーの使い方


キーワードプランナーの使い方を、解説してきます。

手順①:Google広告にログインする

まず、Google広告にログインしましょう。


Googleアカウントのメアドとパスワードを設定します。
この際に使う数字は、忘れないようにメモしておきましょう。

手順②:広告の目標を選択


ログインに成功すると、上記のページに移ります。
真ん中の「より多くのウェブサイトの販売またはサインアップを取得します」を選択します。

手順③:会社名を設定


会社名は、なんでもOKです。
ブロガーの場合は「ブログ名」などがおすすめです。

手順④:URLを設定


URLを設定します。
ブログやサイトのURLでOKです。URLがない方は、SNSのモノを使いましょう。

手順⑤:広告の詳細設定


広告の詳細を設定していきます。
基本的に、適当でOKです。※広告を流す人は、しっかりと記入する。

手順⑥:キーワードを決める


キーワードを決めます。
広告を流す人以外は、適当でOKです。

手順⑦:広告を打つ場所を決める


広告を打つ場所を設定します。
これも、広告を打つ人以外は適当でOKです。

手順⑧:予算を決める


広告の予算を決めていきます。
具体的には、下記です。

  • ① 予算オプションを選択
  • ② 自分の予算を入力してください
  • ③ 最低金額を入力

上記の通り。
広告を配信しなければ、予算は掛かりませんが、もしもの場合に備えて「最低金額」を設定しておきましょう。

手順⑨:お支払い情報を入力


クレカの情報や、住所などを入力しましょう。
なお、クレカのみの支払いとなっており「VANDLE」の利用は不可です。

※20歳未満でも「楽天カード」を作れば利用できます。
なので、まずは楽天カードを無料登録してみてください。

手順⑩:これで登録完了


この画面になったら、登録完了です。
ここから、広告を停止していきます。

広告停止は重要なので、やりましょう。
まず、「キャンペーン確認」をクリックします。

手順⑪:広告を停止する


広告を停止しないと、設定した費用が掛かってしまいます。
具体的には、下記です。

  • ① 保留中をクリック
  • ② キャンペーンを一時停止するをクリック

上記の通りです。
これでキーワードプランナーを使うことができます。

キーワードプランナーの使い方

  • ① 右上の設定をクリック
  • ② エキスパートに切り替えるをクリック
  • ③ ツールと設定をクリック
  • ④ キーワードプランナーをクリック

上記でキーワードプランナーを使うことができます。
楽しんでブログ生活を送っていきましょう!

キーワードプランナーに代わる無料ツール


結論は、下記の通り。

上記の通り。
クレカの問題等で「キーワードプランナー」が使えない方は、代用ツールとして利用してみてください。

読まれるブログ記事の書き方は?

ブログのアクセス数を増やす方法は?

キーワード選定におすすめのツールは?

今回は以上となります。
参考になれば幸いです。