Written by Ippei Torigoe

【超初心者向け】メタバースとは?【意味・仕組みを簡単に解説する】

Metaverse

悩む人「メタバースについて知りたいな。用語や仕組みを理解したいな。なんでメタバースって注目されているんだろう?具体的な始め方も教えてください!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • メタバースとは?意味・仕組みを簡単に解説
  • メタバースのメリットとデメリット【2つの視点から解説】
  • メタバースが注目される理由とは【3つある】
  • メタバースを始める方法【3つの手順で解説】

この記事を書いている僕は、メタバースを触って生きています。
メタバースは世界を変える素晴らしい技術なので、初心者向けに解説しますね。

メタバースとは?意味・仕組みを簡単に解説


メタバースとはコンピュータ上にある仮想空間のことです。

メタバースの仕組み解説図

画像のとおり。世界中の人が同じ仮想空間で時間を共有できます。コミュニケーションや経済活動もできるので、国のようなイメージです。

メタバースは今までも存在していた

メタバースは2021年に話題となりました。
しかし2000年頃から、メタバースは存在していました。

メタバースの参考事例

  • その①:セカンドライフ
  • その②:どうぶつの森
  • その③:フォートナイト

セカンドライフとは、最も古参なメタバースプラットフォームです。詳しくは「メタバースの元祖「セカンドライフ」について解決する【サービスを比較】」をどうぞ。

どうぶつの森やフォートナイトもメタバースです。この2つ以外にもメタバースは存在しており、ハマった経験のある人も多いのではないのでしょうか。

メタバースの関連用語と業界用語

関連用語と業界用語をまとめました。

  • NFT:唯一無二を証明できる技術
  • MetaMask:仮想通貨を使うためのお財布
  • OpeaSea:NFTを売買できるプラットフォーム
  • Fintech:金融とテクノロジーを組み合わせたもの
  • GameFi:ブロックチェーンを利用して作られたゲーム
  • ブロックチェーン:次世代の技術。NFTや仮想通貨の土台

このあたりを覚えておけばOKです。
横文字多めなので、最初は苦労するかもですが、あとは調べつつ学習しましょう。

メタバースのメリットとデメリット【2つの視点から解説】


”使う側”と”作る側”とで解説します。

使う側のメリット

世界中の人と繋がれる/経済活動ができる/別人格を作れる/自己表現ができる/外出しなくても人と会話できる/ウォレットを接続するだけで使える

使う側のデメリット

専門的な知識が必要/パソコンが必要/装着型の機器が重い/ユーザー数が少ない/プラットフォームも少ない/物理的には1人なので孤独/依存性が心配

こんな感じですね。
世の中的にもメタバースは認知されていませんね。

作る側のメリット

世界を創造できる/広告枠を設けられる/プラットフォーム内の取引で手数料が入る/メタバースの土地を商品化できる/創作活動で生活できる/年齢は関係ない

作る側のデメリット

本格的に作るなら専門知識が必要/プラットフォームを作るなら新しいプログラミング言語を使う/売れる保証はない/英語情報が必要/継続学習も必要

こんな感じです。
専門知識を持っているならメタバースを作ってみるのもありなのかなと思います。ブルーオーシャンなので。

メタバースが注目される理由とは【3つある】


3つあります。

  • その①:次世代SNSになる
  • その②:ゲームの進化
  • その③:VRやARの進化

その①:次世代SNSになる

これはすごく大切。
時代と共にSNSは進化します。

  • 3G:文章 → Twitter/Facebook
  • 4G:動画 → Youtube/TikTok
  • 5G:VR・AR → メタバース

インフラと共にSNSは進化してきました。10年後に現在主流のSNSが使われているかどうかってわかりませんよね。

少なくともメタバースの領域にFacebookなどの大企業が投資をしているので、次の10年で進化するのは間違いないですね。

その②:ゲームの進化

ゲームの進化も理由の1つです。
ユーザーは、ゲーム内でコミュニティを作るようになりました。

Fortniteというゲームでは「仲良しグループでチームを組み、ワイワイ遊ぶ」みたいな事例が多くなってきています。つまり、人間関係をゲーム内で育むイメージですね。

ゲームの延長線上に、メタバースやGameFi(Game×Finance)があるのでは?という期待が寄せられているんですよ。これが注目される2つめの理由です。

その③:VRやARの進化

VRやARの技術が発展してきています。

Appleは、2022年にARメガネを販売予定としています。またFacebookでは、すでに「オキュラス」という機器が販売されていますね。

VRやARの進化によって、メタバースの需要が高まっているイメージです。というのも、メタバースとの相性がすこぶる良いんですよ。

補足:メタバースには懸念点もある

メタバースに関しては、懸念点もあります。先日にコインチェック共同創業者の大塚さんにお話を伺ったところ「VR機器で会議もやってみたが、機器がとにかく重い…笑」と仰られていました。また、技術的にも改善の余地があるみたいです。当たり前ですが、まだまだ完全ではないですね。

メタバースを始める方法【3つの手順で解説】


次のとおり。

  • 手順①:暗号資産取引所で口座開設
  • 手順②:メタバースゲームを選ぶ
  • 手順③:ゲーム内の通貨を購入する

手順①:暗号資産取引所で口座開設

まずは口座開設しないと始まらない。
取引所はCoincheckがオススメでして、具体的な開設方法は「【完全無料】コインチェックで口座開設する5つの手順【初心者向け】」で解説しています。

また、メタマスクでウォレットも作るべきで、具体的には「メタマスクの使い方・送金方法を徹底解説する!【完全初心者向け】」で解説しています。

手順②:メタバースゲームを選ぶ

メタバースを始めるタスクとして、”プラットフォームを選ぶこと”があります。選ぶ方法は、気になるゲームを選べばOKです。

人気のメタバースゲームは下記です

迷っている方は、このあたりから選びましょう。
世界的にプレイヤーも多いゲームなので、稼ぐこともできるのかなと。

手順③:ゲーム通貨を購入する

メタバースを始める前提として、コンテンツの購入があることが多いです。Axie Infinityの場合、Axieを3体購入する必要があります。

アイテムを購入する場合、ゲーム内の通貨を使うので購入しましょう。

ゲーム通貨を購入する手順

こんな感じですね。手順④では「SAND」を購入していますが、これはみなさんの選択したゲーム通貨を選んでください。

Binanceを利用する理由は、ゲーム通貨が国内の取引所では取引できないからです。Binanceは300種類以上の銘柄を扱っているので、大抵のコインを買えます。

なお、詳しい方法は「【初心者向け】安心・安全なメタバースの始め方【5つの手順で解説】」でまとめています。合わせてどうぞ。

以上、メタバースの初心者向けの解説でした。
メタバースに興味が出てきたら、ぜひトライしてみてください。

» 【簡単】メタバースのやり方を徹底解説する【完全初心者向け】