Written by Ippei Torigoe

完全初心者向け『NFTアートの作り方』を5つのステップで解説する

NFT

悩む人「NFTアートってどうやって作るんだろう?仮想通貨の知識はあまりないけど、出品してみたいな…。初心者にもわかるように教えてほしい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • NFTアートを作る5つの手順
  • 初心者が作ったNFTアートを販売するコツ
  • NFTアートを作る際の「よくある質問」に回答

この記事を書いているぼくは、NFTアーティストとして活動しています。
実際にNFTアートを売買してるので、信頼担保に繋がると思います。

NFTアートを買ってみたい人へ

「NFTアートを買ってみたいな…」という人でもOKです。理由はNFTアートを購入する手順は同じだから。開設自体は無料ですし、経験としても備蓄されるので、手を動かしながら読み進んでいきましょう。

NFTアートの作り方を5つのステップで解説する


次のとおり。

  • 手順①:暗号資産取引所で口座開設する
  • 手順②:MetaMaskでウォレットを作成する
  • 手順③:Openseaでアカウントを作成する
  • 手順④:MetaMaskにコインを送金する
  • 手順⑤:最初のNFTを売買する

手順①:暗号資産取引所で口座開設する

まず仮想通貨取引所で口座開設しましょう。
ぼくの場合は「コインチェック」という販売所を使っていますが、ぶっちゃけなんでもOKです。海外の取引所は難しいので、日本の取引所にしておきましょう。

なお、コインチェックではコンビニ決済や銀行振込ができるので、初心者でも簡単に取引できます。他の取引所だと、独自の通貨を使うので難しい。

日本円で入金したいなら「コインチェック」を使いましょう。
大手&無料開設できるので、損をすることはありません。
» コインチェックで口座開設する5つの手順【完全無料】

手順②:MetaMaskでウォレットを作成する


MetaMaskとは、仮想通貨をいれるお財布のようのもの。
ウォレット(財布)を作成することで、取引所で買った通貨を自由に使うことができるようになります。

ウォレットに関しては、MetaMask一択です。
理由は「GoogleCromeの拡張機能」だからです。世の中には偽物のウォレットもあるため、インストールする時に注意が必要です。※下記のURLは安全です。
» https://metamask.io

なお、詳しい使い方は「メタマスクの使い方・送金方法を徹底解説する!【完全初心者向け】」でまとめています。参考までに目を通していただければ、全体像を掴めると思います。

手順③:Openseaでアカウントを作成する

Openseaとは、NFTアートを売買できるサイトのこと。
初めの1回だけ手数料を支払えば、そのあとは「無料」でNFTを発行できまます。

簡単かつ無料で「売買」ができるので、クリエイターはOpensea一択です。これはイケハヤさんも仰っていました。具体的な開設方法は下記からどうぞ。
» OpeaSeaを始める3つの手順

手順④:MetaMaskにコインを送金する


ちょっとややこしいですが、コインチェックでイーサリアムを購入し、MetaMaskへ送金する作業をします。具体的には次の2つの作業が発生します。

  • その①:コインチェックでイーサリアムを購入する
  • その②:MetaMaskへ送金する

NFTを売買するためには「イーサ(ETH)」という通貨を使います。
色々な種類のコインがありますが、イーサを購入していきます。

とりあえず1万円ほど入れておけば、間違いないです。
» コインチェックで暗号資産を買う方法【送金方法も解説】

手順⑤:NFTを売買する


さいごにNFTを売買しましょう。

NFTを売りたい人へ

NFTを販売してみましょう。Openseaの中にあなたのお店作るイメージです。
なお、販売時には「価格・利率・作品」などを設定する必要があり、具体的な方法は下記でまとめました。
» OpeaSeaでNFTを販売する方法【完全無料】

NFTアートを買いたい人へ

NFTを購入したい人は、ここで購入していきます。
1万円ほど通貨を持っておけば、NFT投資をすることができます。

最近は価格の安い作品も多く出品されているため、楽しく買い物ができると思います

1枚でもNFTを買う経験をすると、本当に人生が変わると思います。
1000円ほどの作品でもOKなので、とりあえず購入経験を積むことを強くおすすめします。

NFTアートを作るコツとは?


次のとおり。

  • その①:Openseaを使う
  • その②:通貨はPolygon、価格は0.003ETH
  • その③:アカウントをブランディングする

その①:Openseaを使う

販売プラットフォームは、Openseaを使いましょう。
理由は多くの人にリーチできるから。他サービスに「Rarible」という販売所があるのですが、リーチできる人数が少なめです。

Opeanseaは世界的に伸びてる販売所なので、海外層にもリーチが届きます。8歳の男の子で有名な「Zombie Zoo Keeper君」も海外人気の高いクリエイターの一人です。一番安く使える販売所ですし、クリエイターならOpeasea一択です。

その②:通貨はPolygon、価格は0.003ETH

販売する”通貨”と”価格”を最適化しましょう。

  • 通貨はPolygonにする
  • 価格は0.003ETHにする(約1,000円)

ポイント(1):通貨をPolygonにする理由

結論として、Polygonはガス代(手数料)がかからないから。
ETHで出品すると高いガス代を支払う必要があり、ガス代は購入者の負担なので、無名のクリエイターなら購入されづらくなります。

出品者にも購入者にも易しい通貨が「Polygon」なので、初心者はPolygonで販売しましょう。

ポイント(2):価格は0.003ETHにする(約1,000円)

作品の価格設定です。
ぼく自身、NFTアートの購入時に”安すぎると価値が低い”と感じ、”高すぎると無視”したことに気づきました。

  • 100円:価値がないと思われる
  • 1,000円:買ってくれる人はいそう
  • 10,000円:名もないクリエイターに1万円も払いたくない

こんな感じ。
価格設定は、あなたがNFTを買う視点を持てると大きいです。

「このくらいなら買ってもいいかな」とあなた自分が思えるような価格設定にしましょう。オススメは、0.003ETHです。

その③:アカウントをブランディングする

良質な作品を作ったとしても、たぶん売れません。
逆に「ストーリー性」がある作品は、下手くそな絵でも売れます。例えば、夏休みの自由研究で書いた絵が140万円で売れた小学生には、ストーリー性がありますよね。

アカウントをブランディングする方法

  • ① SNSを運用する
  • ② インフルエンサーに拡散してもらう
  • ③ ストーリー性を作る

このあたりでしょうか。

なお、NFT販売に関するノウハウは「イケハヤさんのVoicy」が参考になると思います。下記にURLを張っておくので、スキマ時間に聞いてみてください。

NFTアートを作る際の「よくある質問」に回答


NFTアートを作る際の「よくある質問」に回答していきます。

NFTを始めるリスクってありますか?

はい。あります。

  • ハッキングされてコインが盗まれる
  • NFTの販売利益について税務処理が必要となるリスク
  • なんらかの法規制が施行されるリスク

こんな感じ。
こういったリスクを前提において、あくまでも自己責任で取引を行ってください。

ウォレットを使う際に気をつけることはありますか?

はい。あります。

  • 秘密鍵をきちんとメモして保管しておく
  • 秘密鍵とパスワードは、絶対に人に教えない
  • オンライン上でパスワードを管理しない

このあたりでしょうか。
仮想通貨の世界ではハッキングというリスクが存在します。このリスクを減らすためにも、秘密鍵とパスワードの管理には徹底しましょう。

NFTの販売で得た利益は課税されますか?

はい。されます。

もちろん20万円以上の所得になれば確定申告も必要になります。ただ、このあたりは専門ではないため、くわしくは税理士や税務署にご相談ください。

未成年でもNFTアートを買えますか?

はい。買えます。

バイナンスという仮想通貨取引所に関しては、18歳以上なら口座開設ができます。その他の取引所は20歳以上が対象です。

なお、すこしグレーな方法ですが「親に口座開設をしてもらう」ことも手段になりえます。親にイーサリアムを買ってもらい、自分のウォレットに送金してもらう感じです。やる場合は、あくまで自己責任でお願いします。

この他にわからないことがあれば、ツイッターのDMでお答えします!ご気軽にどうぞ!今回は以上となります。

悲報:ほとんどの人が行動しない

この記事を読んでも、その内の97人はページを閉じて終わるだけです。まずは動いてみないと何も始まらないので、是非アクションをどうぞ。