Written by Ippei Torigoe

【1分でできる】NFT投資を始める方法を解説する【完全初心者向け】

CRYPTO NFT

悩む人「NFTに投資してみたいなぁ。どういった人にNFTの投資はおすすめなのかな?NFTを使って稼ぐ方法を教えて下さい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • NFTに投資する方法を解説する
  • NFTに投資するべき人とは
  • NFTを使って稼ぐ方法とは

この記事を書いているぼくは、最前線でNFTを触っています。
作品を作ったり、販売したり、書籍を書いているので、信頼担保に繋がると思います。

NFTに投資する方法を解説する


結論は、NFTアートを買ってみること。コレに尽きる。

NFTの買い方

  • 手順①:暗号資産取引所で口座開設する
  • 手順②:MetaMaskでウォレットを作成する
  • 手順③:Openseaでアカウントを作成する
  • 手順④:MetaMaskにコインを送金する
  • 手順⑤:欲しいNFTを選ぶ!

上記の通り。
手順通りに手を動かせば、簡単にNFTを購入することができます。

なお、具体的な買い方は「完全初心者のためのNFT講座②【NFTを買ってみよう!】」でまとめています。参考までに目を通していただければ、15分程でNFTを購入できると思います。

なぜ、NFTアートを買うことが投資になるのか

結論として、NFTアートが投資対象になり得るから。

NFTの市場は、今でこそ発展途上ですが、今後さらに発展していくことは、ほぼ確定しています。Facebook社が社名を「メタ」に変えたことが、何よりの証拠です。

今後伸びていく市場の商品を買うことで、値上がりが予想できます。今日の1万円が、10年後の100万円になっているかもしれません。ゆえに、NFTに投資をしたいなら、その商品の一角を担う「NFTアート」を買ってみればいい、というわけです。

例:Crypto Punksで考えてみる

Crypto punksというアート作品があります。
上記がその作品なのですが、約7,500万円で取引されています。

今でこそ、価値が高騰していますが、3年前の価格は数万円でした。

ここまで値上がりする作品は稀ですが、それでも3年間で「数千万円」ほど高騰しているわけです。また、今後も価値は高まり続けるでしょう。

初期段階で買っていれば、数千万円の利益になったわけです。このように、NFTアートは投資対象になり得えます。NFTを始めたいなら、まずは作品を買ってみることが、第一歩になるということです。

NFTは投機なのか?

「NFTは投機なのでは?」といった議論も進んでいますが、これは本質的ではありません。ちなみに投機とは、短期的な価格変動で利益を得ようとすることを指します。

NFTは「一点物」であるがゆえに、購入者は作品を売りたがりません。つまり、流動性が低いので投機的な目的では購入できないのです。

NFTを買っている人はわかると思いますが、投機(トレード)的な目的で、NFTを買っている人は、おそらくいないと思います。そもそも投機は悪いものでもないので、論点がずれているといえます。

NFTに投資したいなら、作品を買ってみよう!

ここまでの話をまとめます。

NFTに投資をしたいなら、とりあえずNFTアートを買ってみることをおすすめしました。その理由は作品が投資対象になるからでして、「NFTは投機的なのでは?」といった議論は、論点がずれていると指摘しました。

なお、NFTの購入方法は「完全初心者のためのNFT講座②【NFTを買ってみよう!】」でまとめています。97%の人が行動しないので、迷っているなら行動しましょう。1万円ほど予算があれば、十分です。

NFTに投資するべき人とは


NFTに投資したほうがいい人を解説します。
結論は、次のとおり。

  • ① 経済的に余裕のある人
  • ② 新しい分野を学んでいきたい人
  • ③ NFTアートを作ってみたい人

① 経済的に余裕のある人

経済的な余裕があるなら、NFTに投資をするものありです。

NFTの場合、高級品ともなると1枚に「数千万円」ほどの値がつきます。しかし、このレベルの作品を買えば、購入者限定のコミュニティに参加できたり、海外のコレクターたちと繋がりたりなど、人生の選択肢が広がるはずです。

長期的に見て、Crpto punks や BAYCなどの作品は、価格が暴落する可能性は低いので、試しに投資してみるのもありなのかなと思います。

② 新しい分野を学んでいきたい人

新しい分野を学んでいきたい人にもおすすめです。

NFTに投資をすることで、ブロックチェーンやメタバースなど、最新分野への理解が深まります。

ぼくの場合も、NFT投資を始める前こそテクノロジーへの理解は薄かった。しかし、実際に投資をすることで深い知識を吸収することができました。こうしてブログを書いていることが、なによりの証拠です。

これから新しい分野を学んで、自身の可能性を広げたい人は、NFTに投資するのもありなのかなと。

③ NFTアートを作ってみたい人

これからNFTを販売したいと考えている人向けです。
イラストレーター・絵師・漫画家などに多いです。

これは断言できますが、NFTを売りたいなら、自身で買う体験を積む必要があります。なぜなら、購入者側の目線がないとマーケティングが難しくなるから。

ぼくも実際にNFTを買っていますが、身銭を切って初めてわかったこともあります。この知識をお話するのもいいのですが、コレに関しては、自身で購入して確かめてみて欲しいです。少額でもいいので、作品を買ってみましょう。

注意点:NFT投資を始めるなら勉強は必須です

NFT投資を始めるのに、学習しない人は自殺行為です。

特にNFTに関しては、進化の早い分野でもあるので、継続学習は必須です。また、NFTは基礎知識があって初めて深い理解に繋がるので、まずは基礎から学びましょう。

なお、NFTの基礎知識は「完全初心者のためのNFT講座①【今さら聞けないNFTの基礎〜】」でまとめています。参考までに目を通して頂ければ、NFTの基礎知識を習得できると思います。

NFTを使って稼ぐ方法とは


NFTを使って稼ぐ方法を解説します。
結論は、次のとおり。

  • 稼ぐ方法①:NFTアートに投資する
  • 稼ぐ方法②:NFTアートを販売する
  • 稼ぐ方法③:NFTゲームで稼ぐ

こんな感じ。

今でこそ、NFTで稼ぐ人は少ないですが、将来的には巨大な産業になるでしょう。今のうちから行動することで、先行者有意に繋がるので、迷っているなら行動しましょう。

なお、NFTで稼ぐ方法と手順は「【有益】NFTで「月3万円」を稼ぐ方法+手順【パクってOKです】」でまとめています。参考までに目を通して頂ければ、月3万円ほど稼ぐイメージが掴めると思います。

まとめ:NFT投資を初めて人生の選択肢を広げよう

最後にまとめておわります。

この記事の要点

  • NFT投資を始めたいなら、まずはNFTアートを買ってみる
  • NFTは投機(トレード)的ではない
  • NFT投資を始めるなら、継続学習は必須
  • NFTで稼ぐ方法は3つある