Written by Ippei Torigoe

【意味ない】NFTは「基本的に無価値」です【超具体例で有益】

NFT

悩む人「NFTってどうなんだろう?最近は、NFTをよく目にするけど、実際は価値ってあるの?今更NFTに参入する意味はあるの?」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • NFTは「基本的に無価値」です【意味ない】
  • NFTに参入する意味はあるのか

この記事を書いているぼくは、NFTを最前線で触っています。
NFTを作ったり、投資したり、書籍を書いているので、信頼担保に繋がると思います。

NFTは「基本的に無価値」です【意味ない】


記事の結論は、NFT自体の価値は低いということ。

※「NFT=無価値」というのは、盛りました。言うまでもなく、「NFT=価値あり」です。ただ、事実として多くの人が「NFTを正しく認識できていない」と思ったので、僕の意見を述べていきます。

なぜ、NFTの価値は低いのか

結論として、NFTはあくまで手段だからです。
世の中的には、「NFT=価値あるのも」と捉えられています。しかし、この認識は正したほうがいいでしょう。

本当に価値があるのは「作品」です。

NFTとはそもそも、今まで価値が認められなかったものに、価値を見出す仕組みのこと。スポットライトが向けられなかったモノにも、ライトが当たるようになったのです。

しかし、何もない空間にスポットライトを向けても意味ないですよね。ライトを当てるべき「作品」が必要ですし、本当に価値があるのは、言うまでもなく「作品」です。

NFTだけの価値は低い

NFTだけの価値は低いです。

例えると、料理を作ったけど誰も食べないイメージ。自分も含めてです。「料理を作る」という行為自体には価値ありですが、食べなければ「本質的な価値」にはなりません。

NFTも同じです。「作品」という料理がないと、NFTは意味をなさないのです。なお、この作品は「イラストや写真、会社やプラットフォーム」などを指します。

作品なきNFTとは、料理の出ないレストランのようなもの。何もない場所にスポットライトを向けるようなもの。

作品あってこそのNFTということを覚えておきましょう。

NFTを担保にできるが、それでも無価値なのか

上級者向けです。
NFTを担保に資金調達する方法があり、1作品で1億円以上の融資を記録しました。
» こちらがその記事です

「これに対してもお前は無価値と言えるのか?」といった声もありそうですが、ぼくの答えは「Yes」です。

このニュースに関しては、大前提として「人気NFTコレクション」を担保にしています。つまり、世界的な人気作品を所持していなければ、担保にはなり得ないということ。

NFTを担保にするという仕組みは素晴らしいと思いますが、大前提として「作品」が必要なんですよね。「結局、一番価値があるのは何なの?」ってなると、「作品だよね…」となるわけです。

NFTに参入する意味はあるのか


結論として、NFTに参入する意味はあります。

NFTに参入する意味とは?

前提として、NFTに参入する方法は「NFTを買う」「NFTを作る」の2つがあります

この前提を踏まえてNFTに参入する意味は、次のとおり

  • ① NFTを買う:今までにない作品と出会うことができる
  • ② NFTを作る:自分の作品を世界中の人に届けられる

こんな感じ。
それぞれ深堀りしたツイートを紹介します。

補足①:今までにない作品と出会うことができる

こんな感じですね。
今までにないイラストに出会う機会が増えたので、日々の彩りが増えました。

補足②:自分の作品を世界中の人に届けられる

こんな感じです。
昔に比べてクリエイターは、グローバルに活躍できる環境が整っています。届けた作品があるのなら、NFTに参入しない理由はないのかなと。

NFTに参入するデメリットとは

デメリットはややこしい。これに尽きる。

経験談;1週間かけてNFTを始めました

ぼくの場合、NFTを1枚買うのに、1週間ほどかかりました。NFTの販売も含めれば、2週間以上はかかっています。

NFTを始めた初期は、英語情報が多かったので、たくさん失敗しました。送金先を間違えて、資産を失ったこともあります笑。

しかし、、最近はわかりやすい記事も増えてきているので、誰でもNFTを初めれます。それも10分ほどで。

現在は、10分ほどで始められる状態です

初回は誰でも難しいですが、回数を重ねるうちに、徐々に難度は下がっていきます。

今ではミスることなく、10分ほどで始められると思います。

ぼくの方でも、解説記事をアップしているので、そちらを読んで頂ければ、ノンストレスでNFTを始められると思います。

なお、具体的には「完全初心者向け『NFTアートの作り方』を5つのステップで解説する」でまとめています。この記事を読めば、簡単にNFTを始めることができます。参考までにどうぞ。

NFTに意味はないので、シンプルに楽しもう!


NFTに意味がないことを解説してきました。
とはいえ、このあたりは気にせず、作品を作ったり、買ったりして楽しむのが1番だと思います!

NFTはどういった人におすすめか?

  • ① 経済的に余裕のある人
  • ② 新しい分野を学んでいきたい人
  • ③ 届けたい作品がある人

こんな感じ。
1ミリでも上記に当てはまる人は、NFTを始めてみることをおすすめします。

このページを読んだ97人が行動しない

この記事を読んでも、その内の97人はページを閉じて終わるだけです。まずは動いてみないと何も始まらないので、是非アクションをどうぞ。