Written by Ippei Torigoe

NFTで売れるものとは? ← 何でも売れます!【売るコツも解説】

NFT

悩む人「NFTで売れるものを知りたいな。どんなモノをNFTにできるのかな?自分にも出品できるモノがあれば、販売してみたいな。」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • NFTで売れるものとは?
  • 売れるものが分かったら、NFTを販売してみよう
  • NFTを出品しても、基本的に売れない話

この記事を書いている僕は、国内99位のNFTを運営しています。
ツイートでもフォロワー1万人を超えたので、信頼担保に繋がるのかなと。

NFT関連の記事は専門用語がたくさん出てきます。そこで今回は「NFTで売れるのもの」を初心者向けに解説していきます。

NFTで売れるものとは?【何でも売れます】


デジタルデータなら何でも売れます。

NFTは何でも売れるのか?

「デジタルなモノ」なら何でも売れるということです!

モナ・リザのようなアート作品は「現実のモノ」なので売ることはできませんが、モナ・リザの「所有権」は、デジタル上でも管理できるモノなので売ることができるといった具合です。

NFTで売れるもの【実例】

まず前提として、データなら何でも売れます。
売れるものは無限にあるので、僕が想像できる範囲でまとめてみますね。

  • 土地
  • イラスト
  • SNSの投稿
  • 写真・画像・音楽
  • プログラミングコード(Webサイトなど)

繰り返しですが、上記以外にも売れるものは存在します。デジタルデータは無限にあるので、考え方次第では「相続権」とかも売れるのかなと。

NFTで売れたものを紹介する

NFTで売れた特殊なモノをご紹介しますね。なるべく高額なモノを抜粋していきます。

事例①:ツイート

上記のツイートは、約3億円で落札されました。TwitterのCEOのジャック・ドーシー氏の初ツイートですね。かなり有名なので知っている方も多いのかなと。

与沢翼さんのツイートです。こちらは1000万円ほどで落札されました。国内の事例なのでレアケースですよね。こんな感じで、ツイートをNFTとして売ることも可能です。

事例②:新曲



(参照:NFTをオークションに出品

イギリスのロックバンドが新曲を作り、NFT化し販売。すると540万円で落札されました。音楽データをNFT化することもできます。この領域はスヌープ・ドッグという人が有名なので、参考までにどうぞ。

事例③:岩のイラスト

こちらの画像データは1.4億円で購入されています。NFTの中でも最も古いシリーズだと言われています。100個限定という特徴もあり、価格が高騰しているようですね。このようにへんてこな画像データが億単位で取引されているのです。

事例④:土地


仮想空間の土地を売ることもできます。

それぞれの土地がNFT化されているので、所有権を保有すると自由に使うことができます。人に貸して不動産収入を得たり、購入価格より高い値段で売却することもできますね。

事例⑤:写真

写真をNFTにすることもできます。

例えばですが、上記の「写真NFT」はSNSで話題になり、現在は700万円以上の取引高を誇ります。こんな感じで、写真をNFTにして人気になった人もいるので、面白い。

売れるものが分かったら、NFTを販売してみよう

実際にNFTを販売してみましょう。

NFTを出品する手順【簡単です】

  • 手順①:作品を準備する
  • 手順②:OpeaSeaにアクセスする
  • 手順③:作品を出品する

上記の通り。
作品を持っている人や作れる人は、是非です。

NFTを販売する際の注意点

ずばり「詐欺」に気をつけること!

NFT界隈には初心者を狙った詐欺が横行しているので、注意が必要です。

仮想通貨の経験がある人ならOKなのですが、たぶんない人の方が多いはず。無料で〇〇をします!という人に近づかないことが懸命ですね。

NFTを出品しても、基本的に売れない話


NFTには何でも出品できますが、基本的には売れません。

なぜ、出品するだけでは売れないのか?

理由は2つあります。

  • 需要が少ない
  • NFTが増えてきている

需要が少ないのは当たり前でして「無名の人の作品を買いたい」という人は少ないですよね。作品の認知度が低いと、相当クオリティの高い作品でないと売れません。

NFTが増えてきているのも原因のひとつ。作品が増えてきているので、手にとってもらえる確立が減ってきているんですよね。積極的に発信する必要があります。

NFTを200万円以上売った経験談

僕自身、NFTを運営していることは前述した通りです。

NFTが売れない市況の中、わずか2ヶ月で国内99位にランクイン。取引高は200万円を超えました。

こういった経験を踏まえても、やはり出品するだけではなく「売るための道筋」を作っていく必要があると感じたわけです。僕らのNFTはここを考えていたため、売れたのかなと。初心者ならなおさら考えるべきです。

どうすればNFTは売れるのか?

マーケティングを頑張ることです。「マーケティング?なにそれ美味しいの?」と感じる人もいると思うので、簡単に解説します。

  • SNSフォロワーを増やす
  • インフルエンサーに作品を買ってもらう
  • 購入者限定のコミュニティを作る

このあたりを目標に行動していきましょう。

作品を売るには「需要」を作る必要があり、その工程をマーケティングといいます。難しい話は置いておいて、上記を達成できるように行動してみてください。

なお、具体的なやり方は「NFTアートが売れない理由は「マーケティング」にある【インタビューあり】」でまとめています。合わせてどうぞ。

よくある質問:今からNFTに参入するのは遅いですか?

めちゃくちゃ早いです。

NFTに乗り遅れた…っていう人が多いのですが、ぶっちゃけブルーオーシャンです。NFTを知っている日本人は1割しかいないため、今から参入することで先行者利益を取れると思います。

よくある質問②:NFTはどこで売れる?

OpeaSeaといったNFTマーケットプレイスで売れます。

OpeaSeaの他に、ラリブルやfoundationといったマーケットプレイスもあります。しかし、初心者がNFTを始める場合は、手数料の一番安いOpeaSeaがおすすめ。最初だけ払えば、その後は無料です。

よくある質問③:写真はNFTとして売れる?売れない?

繰り返しですが、売れます。

SNS界隈を見ればわかりますが、写真をNFT化して爆益を得ている人たちも存在します。販売方法はイラスト等と全く同じなので、写真が好きな方は試してみてください。

まとめ:NFTで売れるものとは? ← 何でも売れます!


この記事を読んでいるあなたは優秀です。
というのも、NFTの存在を知り「自分にも出品できるものはないかな?」って感じたわけですよ。

発信活動をしているのでわかるのですが、現実世界にはそうそういない人種です。

音楽・写真・イラストなど、自分の武器がある人は現状かなり有利です。試しにNFTを出品してみたら作品が人気となり、SNSフォロワーも増加し、お金も月7桁以上稼げるようになった…。という人をぼくは何人も見ています。

迷っているなら行動しましょう。1年後に見える景色が変わっていると思います。