Written by Ippei Torigoe

NFTアートが売れない理由は「マーケティング」にある【稼ぐコツを解説】

NFT

悩む人「NFTアートを作ってみたけどあんまり売れないな…。売るためのコツとかってありますか?」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • NFTアートが売れない理由は「マーケティング」にある
  • マーケティングが上手なNFTアーティストとは【売れない理由を探そう!】

この記事を書いている僕は、NFTアーティストとして活動しています。
実際にNFTを売買しているので信頼担保に繋がると思います。

NFTアートが売れない理由は「マーケティング」にある


マーケティングなしでNFTアートを売ることはできません。

なぜ、マーケティングなしでNFTアートは売れないのか

理由は、発信者が多いからです。

昭和時代なら、いい作品をつくれば売れたと思います。
なぜなら希少価値が高いから。

資本主義社会では「希少なもの=価値のあるもの」という認識なんですよ。ダイヤモンドが「そのへん」に落ちていたら、誰も買わないですよね。

そして最近はインターネットの普及により、全国民が発信できます。世の中がコンテンツであふれていることは、自然現象なのです。

あふれる作品のなか、あなたの商品を手にとってもらうためにはどうすればいいのか?

それがマーケティング力(商品を届ける力)を磨くことなのです。
大まかな概要が理解できたのではないのでしょうか。

マーケティング力を磨きあげる方法

結論として、上手な人をまねることです。

書籍学習もできますが、あまりオススメはしません。
理由は2つあって、NFTアートのマーケティングノウハウが出回っていないのと、実際に手を動かしながら学ぶほうが効果的だからです。

ぼく自身、NFTの売買を行ってみて、大変勉強になりました。書籍学習の何倍もです。

ポイント:売れ行きに「作品の質」は関係ない

1つツイートを紹介します。

上記の通り、作品の質は「売れ行き」にあまり影響を与えません。
事実、ただの文字列に「数千万円」の価値がついています。

ちなみに、ストーリーを作ったり、ブランディングをしたりするのは「マーケティング戦略」に含まれます。

「作品が売れないな…」と悩む人は、マーケティングが上手な人を参考にすることが近道です。

マーケティングが上手なNFTアーティスト3選【売れない理由を探そう!】


「あ、この人マーケティング上手だな…!」と思うNFTクリエイターをご紹介します。

上記の通り。
なお、作品が「最上質」なことを前提として解説しています。

その①:イケハヤさん


一人目は「イケハヤ」さんです。
クリプト忍者というコレクションを作っており、10.5ETH(約400万円)で取引されています。※2021年10月現在。

イケハヤさんの凄いところは「SNSマーケティング×ブランディング」です。

いろいろなSNSを使って作品の認知度をあげつつ、価値を見出す。すると、著名人やインフルエンサーが購入し始め、さらに作品の需要が高まる。このスパイラルを回しているイメージですね。

NFTの特性やコミュニティ要素を完璧に把握したマーケティング戦略。クリプト忍者を別の人がリリースしたら、ここまで価値はあがらなかったと思います。

その②:おにぎりまんさん


二人目は「おにぎりまん」さんです。
「かわいい女の子」という作品を作っており、トレードボリュームは100ETH(約3800万円)を突破しています。※2021年10月現在

おにぎりまんさんも「SNSマーケティング×ブランディング」が突出しているクリエイターです。

SNSを使って作品の認知度をあげ、価値を見出す。すると、インフルエンサーが購入し始め、さらに作品の需要が高める。イケハヤさんと同じく、このスパイラルを回している感じです。

相手の「所有欲」をうまく刺激する発信技術は、さすがです。
「かわいい女の子」も日本を代表する作品になるのではないのでしょうか!

その③:Kokeshi Mania NFTさん


三人目は「Kokeshi Mania NFT」さんです。
Kokeshi maniaというコレクションを作っており、トレードボリュームは15ETH(約570万円)を突破しています。※2021年10月現在

Kokeshi maniaさんに関しても、SNSマーケティングが上手です。

作品が購入された際、お祭りのようにツイートされます。
買った側からすると嬉しいですし、見てる側は「欲しく」なりますよね。理由は、自分も中心にいき「注目」を浴びたいから。

こんな感じで、人気クリエイターは相手の「欲求」を刺激するのが、上手です。
というか、このあたりの土台を踏まないと、作品は売れません。

売れるクリエイターの共通点とは

先程紹介した3名の特徴をまとめてみました。
次のとおり。

  • ① SNSを有効活用している
  • ② インフルエンサーに拡散されている(あるいはその人に影響力がある)
  • ③ 作品の認知度がたかい(ブランディングがうまい)

このあたりでしょうか。
NFTに関わらず、作品を売っていく時、SNSは大きな味方になりえます。

さいごにツイートを紹介して終わります。

実際に、イケハヤさんとお話させて頂いた時、「まずはツイッターで1000人集めろ!」とおっしゃられていました。

NFTアートが売れなくて悩む人は、まずツイッター運用を頑張ってみてください。なお、フォロワーを1000人まで伸ばす方法は、下記を参考にどうぞ。

上記の通り。
今回は以上となります。