Written by Ippei Torigoe

NFTが70万円で売れた感想 – 売るための施策やコツを解説する

NFT

悩む人「NFTアートが売れた感想を聞きたいな。売るための施策やコツがあったら教えて下さい。NFTを始めようか迷っているのですが、今から始めても遅いですか?」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • NFTが70万円で売れた感想【嬉しいです】
  • NFTを売るための施策&コツ
  • NFTが売れた後にやるべきこと

この記事を書いている僕は、NFTプロジェクトの運営に関わっています。
現在は14枚の作品を出品しており、完売状態です。その中には約70万円ほどで売れた作品もあります。

上記の作品は1.9ETH(約70万円)で売れました。

そこで今回は、NFTアートが売れた感想と売るために取った施策やコツ、売れた後にやるべきことを網羅的に解説していきます。

NFTが70万円で売れた感想【嬉しいです】


NFTアートが売れた感想をまとめていきます。

NFTが売れた1番の感想は「感動」です

NFTが売れた1番の感想は「感動」です。

  • 作品が無事にリリースできた
  • そして、購入してくれる人がいる
  • また、応援してくれる人もいる

こんな感じです。
上記のすべてが「感動」に変わった感じですね。

僕は感情が動きにくいタイプなのですが、そんな僕でも「強い感動」を覚えました。

当時の僕のツイート

それに対する大塚さん(創設者)のツイート

当時は僕と大塚さんの2人で出品準備を進めていました。

急ピッチで準備を進めていたこともあり、高額オファーが続出したときには、大塚さんと感動を分かち合っていました。大塚さんにはとても感謝しています。

当たり前ですが、売れれば嬉しいです

NFTが売れることは、嬉しいです。

というのも、作品を買ってくれた方が喜んでくれるんですよね。金銭的な嬉しさもありますが、それ以上にホルダーさんが喜んでくれることの方が嬉しかった。

「買えてよかった!」「落札できました!」「これからも応援しています!」etc

僕の場合は大塚さんと2人チームだったので、感動を分かち合えたのも大きいと思っています。今はチームメンバーが4人になったので、分かち合える「感動」も大きいのではと、すこし楽しみにしています。

NFTを売るための施策&コツ


NFTを売るための施策&コツを解説します。

なお、売るためのマーケティングに関する詳細は「NFTアートが売れない理由と売るための3つのコツ【結論あり】」でまとめています。

NFTプロジェクトの価値観を伝える

NFTプロジェクトの価値観を伝えること。
これは結構大切だったりします。

  • 価値観が伝わると、共感者が増える
  • 共感者が増えると、応援者が増える
  • 応援者が増えると、熱狂者が増える

こんな感じで、コアファンが増えていきます。

価値観が伝わらないと、熱狂者どころか共感者すら増えないのです。まずはあなたの作品の価値観、コンセプトを知ってもらえる施策を考え、実行していきましょう。

僕らが行った施策

声と文章で「価値」を届けること。

声はツイッタースペースで届けました。大塚さんがメインで僕がファシリテーター。作品概要&質疑応答といった内容でした。300人くらいの方が聞いてくださっていたと思います。音声はユーザーとの距離が近いのでおすすめです。

文章はNotionでお届けしました。こちらは作品概要や「なぜ、やるのか?」といった内容です。声と文章で価値を届けることが大切なのかなと思いました。

価値を感じてくれた方々

声や文章によって「価値観」が伝わったみたいです。こんな感じで価値が伝わると、作品の売れ筋にも関わってくるのかなと。

1枚1枚丁寧に出品していく

現状のNFTには2パターンの売り方があります。

  • ① 一斉に100枚ミントする
  • ② 2年間をかけて毎週1枚ずつ売る

ジェネラティブと言われるNFTは、基本的に①が採用されがちですが、個人でNFTを売る場合は②が圧倒的おすすめ。

なぜなら、日本の市場が出来上がっていなかったり、影響力が少ないと届かない場合があるからです。それよりは1枚ずつ丁寧かつ、等間隔で販売していくほうが、長期的なファンもつきやすい。

僕らも「1週間に1枚ミントする」というコンセプトで販売しています。すると希少性や注目度があがるので、売れやすくなる。

自分は強者なのか弱者なのか、を適切に見極め戦術を練る必要があります。

NFTが売れた後にやるべきこと

  • 購入者に感謝を伝える
  • コミュニティに招待する
  • 確定申告をする

購入者に感謝を伝える

購入者に感謝を伝えましょう。

NFTはピンキリの投資というよりも、長期的に楽しんでもらうことが重要だからです。そのため、感謝メッセージを送ることは必須だと思います。

僕の場合は、TwitterのDMや、アカウントがない人はGメールにて「感謝メッセージ」を送りました。もし、連絡が取れない場合はツイート上で感謝を伝えます。

買ってくれた方に「ありがとう」を言うのは大切にしています。

コミュニティに招待する

コミュニティを持っている方は、招待してあげましょう。

僕らの場合は、コミュニティに付加価値を置いているので、招待は必須です。感謝メッセージ+コミュニティ招待状(リンク)を送っています。

コミュニティを持っていない人は、改めて作ってみるのもありなのかなと。クローズドコミュニケーションが取れる場所を持っておくと、作品の魅力にも繋がるのでおすすめです。コミュニティ運営は、基本的にDisCordが主流ですね。

確定申告をする

20万円以上の収益が出た場合「確定申告」が必要となります。

とはいえ、スミマセン。
僕は税制面にそこまで詳しいわけではないため、詳細は「【NFTの確定申告】売買した際の税金はどうなる?暗号資産(仮想通貨)取引を参考に考える」をどうぞ。

NFTが70万円で売れた感想まとめ


さいごにこの記事の要点をまとめて終わります。

  • NFTが売れた1番の感想は「感動」です
  • NFTを売るコツ&施策は、プロジェクトの価値観を伝えること
  • NFTが売れた後にやるべきことは「購入者に感謝を伝える」「コミュニティに招待する」「確定申告をする」

こんな感じです。

NFTを始めてみようか少しでも悩んでいる方がいましたら、ぜひ行動に移してほしい。教材はこのブログにあります。まだまだブルーオーシャンですし、参入する価値は大アリです。迷っているなら動いてみましょう。