Written by Ippei Torigoe

【初心者向け】NFTを始める3つの方法【稼げる仕組みも解説する】

NFT

悩む人「NFTを始めてみたいなぁ。NFTを始める方法にはどのくらいの種類があるのかな?最新のテクノロジーを実際に体験してみたいな。」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • NFTを始める3つの方法
  • NFTで稼げる仕組みとは
  • NFTのよくある質問

この記事を書いているぼくは、NFTを最前線で触っています。
NFTを作ったり、投資したり、書籍を書いているので、信頼担保に繋がると思います。

NFTを始める3つの方法


結論は、次の3つです。

  • その①:NFTを買う
  • その②:NFTを作る
  • その③:NFTゲームを始める

その①:NFTを買う

一つ目の始め方はNFTを買うことです。
NFTに「投資をする」といったりもします。

これが一番ベーシックな始め方でして、なぜなら簡単に購入することができるからです。「NFTを始めたい!」と思ったら、まずはNFTを1枚買ってみる。この体験をせずに、NFTを語るのは難しいと思います。

例:作品を買う時に意識していること

結論として、長期的に保有したいかどうかで判断しています。
投資というよりは、ファッションのようなイメージですね。

僕自身が長期的に保有したいと思うなら、少なくとも僕以外にも思っている人がいるはずでして、そうなれば自然と価格は高騰していくよね、といった考えです。「考えが甘い!」といった意見も聞こえてきそうですが、これくらいゆるいほうが楽しめます。

とはいえ、購入基準に関しては読者さんの自由です。ビビッときた作品を買ってみればいいと思います。たとえ、価値が下落しようが、良い経験になると思うので。

なお、NFTの購入方法は「完全初心者のためのNFT講座②【NFTを買ってみよう!】」でまとめています。参考までに目を通して頂ければ、全体像が掴めると思います。

その②:NFTを作る

二つ目の始め方はNFTを作ることです。
自らが作品を作る側に回るということ。

イラストレーター、絵師、漫画家などにおすすめですが、それ以外の方でもOKです。結局のところ、求められる作品を創作できればいいだけなので。

なので、絵に自信のある人は、イラストをNFT化し販売してみるのもありだと思います。なぜなら、あなたの作品に価値を感じる人もいるはずだからです。

OpeaSeaというプラットフォームを使えば、海外層にも簡単にリーチできます。幅広い人間に作品を届けられるわけです。作品価値を判断する絶対数が増えれば、「いい作品だな」と思ってもらえる回数も増えます。

一度有名コレクターに購入してもらえれば、かなりの確立で「あなたとあなたの作品」が有名になります(もちろん簡単ではないが)。言うまでもなく、桁違いの売上も発生するでしょう。NFTは青天井で、まだまだ先行者有意がとれるので、今のうちにトライしてみるのもありだと思います。

なお、NFTの作り方は「NFTアートの作り方を5ステップで解説する【完全初心者向け】」でまとめています。参考までに目を通して頂ければ、30分ほどで出品できると思います。

その③:NFTゲームを始める

三つ目はNFTゲームを始めることです。

ゲーム好きな人にとっては、至高の選択肢だと思います。好きなことで、お金を稼げるわけですから。最近は、NFTゲームの種類も増えてきており、有名所でいうとこんな感じです。

「例」というのは、類似しているゲーム例のことです。

例えば、シャドーバースというゲームをやっている人なら、CryptoSpellsというNFTゲームと相性が良さそうですね。NFTゲームは配信したり、大会にでなくてもマネタイズできるので、「趣味でゲームやってます!」という人が参入したら稼げるかもです。

なお、NFTゲームの始め方は「NFTゲームを始める方法+稼ぐ仕組みを解説する【完全初心者向け】」でまとめています。稼ぐ仕組みについても解説しているので参考までにどうぞ。

NFTで稼げる仕組みとは【始めた後の稼ぎ方】


前章では、NFTの始め方を解説したので、それに付随して「稼ぎ方」をまとめていきます。

その①:NFTを買う←売却益で稼ぐ

NFTの売買益で稼ぐ方法です。

1万円で買ったNFTが、1年たったら100万円になっていました。さて、この時に売却すれば99万の差額が発生します。そしてこの差額は売却益となり、これがあなたの利益です。

「NFTで稼ぐ」というイメージからはやや離れますが、この方法も立派な稼ぎ方の一つ。代表例をあげると、Crypto punksや、BAYCなどが挙げられす。3~4年前は、数万円で購入できた作品なのですが、現在の価格は「約5000万円」ほどです。おそらく、今後も価格は上がり続けると思われます。

価値があがりそうな作品を買っておけば、未来に稼げるといった方法です。

その②:NFTを作る←売買で稼ぐ

作品をNFT化して、売買する方法です。
この方法には、2パターンの稼ぎ方があります。

  • ① 作品を売却することで得る売上高
  • ② 作品が二次流通することで得るロイヤリティ

それぞれ少し深堀りします。

① 作品を売却することで得る売上高
実社会でも行われている方法です。例えば、油絵を書いたとして、この作品が売れれば自分の手元にもお金が入ってきます。シンプルに物々交換の仕組みでお金が稼げるというわけです。このあたりの説明は省きます。

② 作品が二次流通することで得るロイヤリティ
ロイヤリティとは、二次流通額の一部がクリエイターに還元される仕組みのことです。例えば、本を出版したとして、読者は本を読み終わると「メルカリ」に転売します。よくある現象ですね。ベーシックな本の場合は、著者への利益は0です。利益をあげるのは、メルカリなどの仲介業者のみです。しかしNFTの場合は、転売額の一部が著者にも還元されるのです。そしてこの「利率」は、著者自身で決めることができます。

こんな感じです。
難解かもですが、クリエイターの収益源が広がる仕組みなので、覚えておきましょう。

その③:NFTゲームを始める←アイテム等の売却で稼ぐ

NFTゲームは、ゲーム内で獲得した「アイテム・キャラクター・通貨」などを現実世界で売買することにより、稼げます。

従来のゲームは、配信なり、大会なりに出場しなければ、マネタイズをすることができませんでした。しかし、NFTゲームの場合は、アイテムを直接売買できるので、ゲーム単体でマネタイズすることができます。育てたポケモンを売買できる感じです。なので、ゲーマーの収益が増えるのかなと。

補足:売上の一部をDiFI運用するべし

上級者向けです。NFTの売上は、ほとんどがETHです。現実世界では、まだETHを使えるインフラが整っていないため、現段階はDiFI運用して、継続的に資産を増やしていくのもありだと思います。
» ゼロからDiFiを初める方法!具体的な手順を画像をつきで解説する

NFTのよくある質問【NFTを始める不安解消】


NFTをはじめる際の「よくある質問」に回答していきます。

NFTを始めるリスクってありますか?

はい。あります。

  • ハッキングされてコインが盗まれる
  • NFTの販売利益について税務処理が必要となるリスク
  • なんらかの法規制が施行されるリスク

こんな感じ。
こういったリスクを前提において、あくまでも自己責任で取引を行ってください。

ウォレットを使う際に気をつけることはありますか?

はい。あります。

  • 秘密鍵をきちんとメモして保管しておく
  • 秘密鍵とパスワードは、絶対に人に教えない
  • オンライン上でパスワードを管理しない

このあたりでしょうか。
仮想通貨の世界ではハッキングというリスクが存在します。このリスクを減らすためにも、秘密鍵とパスワードの管理には徹底しましょう。

NFTの販売で得た利益は課税されますか?

はい。されます。

もちろん20万円以上の所得になれば確定申告も必要になります。ただ、このあたりは専門ではないため、詳細は税理士や税務署にご相談ください。

未成年でもNFTアートを買えますか?

はい。買えます。

バイナンスという仮想通貨取引所に関しては、18歳以上なら口座開設ができます。その他の取引所は20歳以上が対象です。

なお、すこしグレーな方法ですが「親に口座開設をしてもらう」ことも手段になりえます。親にイーサリアムを買ってもらい、バイナンスウォレットに送金してもらう感じです。あくまでも自己責任でお願いします。

次に繋がる行動まとめ