Written by Ippei Torigoe

【結論あり】NFTゲームは稼げないのか?実情や稼ぐコツを解説する

GameFi NFT

悩む人「NFTゲームって本当に稼げるのか知りたいな。もし稼げるとするならコツとかありますか?NFTゲームの実情を教えて下さい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • NFTゲームは稼げないのか?
  • NFTゲームで稼ぐ方法とコツ
  • NFTゲームで稼げない人の特徴

この記事を書いている僕は、NFTゲーマーです。
1年間で10種類以上のNFTゲームをプレイし、ツイッターのフォロワー数は1万人を超えました。NFTプロジェクトにも関わっているので、信頼担保に繋がるのかなと。

本記事では「NFTゲームは本当に稼げるのか?」について徹底解説していきます。NFTゲームの実情を包み隠さず公開するので、これから始めてみたい方は熟読をどうぞ。

【結論あり】NFTゲームは稼げないのか?


NFTゲームは稼げなくなってきています。
その理由は3つあります。

  • その①:時間あたりの労働単価が低い
  • その②:報酬通貨が変動する
  • その③:初期費用+継続投資が高額

その①:時間あたりの労働単価が低い

NFTゲームは時間あたりの収益性が悪い。
初心者の場合、毎日1~2時間ほどプレイして、月2万円ほどが相場です。

時給換算してみると400円を切ります。正直いうと、アルバイトの方が稼げるくらいなので、東南アジア民のように本職を辞め、アクシーのようなNFTゲームに専念するのは「愚の骨頂」といえます。現在のNFTゲームで生計を立てるのは絶対にNGです。

しかし、ランカーになれば話は別

NFTゲームのトッププレイヤーになれば話は別です。収益性は上がります。どのNFTゲームもトップ100以内にランクインできれば、10万円〜の収益を得ることができます。継続的にランクインできれば上場企業の社長レベルの時給になるはずです。

その②:報酬通貨が変動する

NFTゲームの報酬通貨が変動するリスクがあります。
具体的にいうと、暴落リスクです。アクシーを例に見ていきましょう。


出典: CoinMarketCap

上記はアクシーの報酬通貨AXSの価格チャートです。序盤は順調に高騰し続けていましたが、11月7日を堺に下落しています。現在はNFTゲーム全般の報酬通貨が下落しているので、ゆえに稼ぎづらくなっているわけです。

NFTゲームを本業にするべきでない理由がコレです。もちろん高騰し得をするケースもありますが、損をする可能性もあるということ。ここは不確実なので対策のしようがない。最低限のリスクヘッジとして、収入源は担保しておくべきですね。

その③:初期費用+継続投資が高額

NFTゲームで稼ぐとなると、初期費用が必要となります。
価格としては1~10万円ほど。決してお手頃価格とは言えませんよね。

ゲームによっては継続的にアイテムやキャラを購入していかないと稼げないケースもあり「投資額 > 収入」といった感じで赤字になる。また初期費用は報酬通貨の価格によって決まるので変動します。これも難しいポイントですね。

NFTゲームで稼ぐ方法とコツ


NFTゲームで稼ぐ方法とコツをまとめます。
前章の「NFTゲームは稼げないのか?」を踏まえ解説しますね。

NFTゲームで稼ぐ方法とは

  • ① ゲーム内で通貨を稼いで換金する (難易度★☆☆)
  • ② キャラやアイテムを売却する (難易度★★☆)
  • ③ ランカーになる (難易度★★★)

NFTゲームの稼ぎ方は、どのゲームも似通っています。基本的には上記3つが一般的ですね。難易度が上がるにつれ稼げる額も高めるイメージです。ただキャラ売買を継続収益にするのは難しいので、個人的には「① > ③ > ②」という優先順位がおすすめです。

補足:NFTゲームの稼ぎ方【番外編】

ゲーム実況をしたり、SNS発信をして稼ぐこともできます。従来のゲームと同じですね。ただひとつ問題点があり、通常ゲームと比べるとNFTゲームの認知度は低いので、視聴者の母数は少なめ。海外に発信するなどして、対策を考える必要があります。

NFTゲームで稼ぐコツ【超重要です】

稼げるNFTゲームを選ぶこと。そしてプレイを楽しむこと。これに尽きます。

NFTゲームを選ぶコツは、再投資の必要性です。例えば、パズドラは継続的にガチャを回し強キャラを入手する必要があります。個人的に再投資が必要なNFTゲームは赤字になるのでおすすめしません。逆にブロスタのように一度キャラを入手すれば、プレイし続けられる類のゲームがおすすめです。

おすすめのNFTゲームをご紹介します

個人的には「ThetanArean」がおすすめ。ブロスタと似ており、最初の初期投資だけであとは遊び続けることができます。金額も1~2万円でOKなので、コスパ抜群。僕のフォロワーさんでも稼いでいる人が出ているので、イチオシです。

なお、おすすめの他NFTゲームは「【保存版】稼げるオススメのNFTゲーム15選【ランキング紹介】」でまとめています。厳選紹介しているので、合わせてどうぞ。

また、ThetanAreanの始め方は「【保存版】Thetan Arenaの始め方【稼ぎ方も合わせて解説】」でまとめています。目を通して頂ければ全体像が見えるのかなと。

ゲーム自体を楽しむことも大切です

稼げるからという理由でNFTゲームを始める人が多いですが、ゲーム自体を楽しめないと稼げません。断言します。

勘違いしている人が多いですが、NFTゲームはゲームなのです。収入を得ることもできますが、ゲームをプレイした上で稼げる仕組みとなっています。なのでまずそもそもゲーム嫌いにはキツイ仕組みなんですよ。まずはゲームを楽しむこと。その後に収益なりがあるというイメージ。たぶんこっちのほうが収益も上がりやすいのかなと。

NFTゲームで稼げない人の特徴


NFTゲームで稼げない人の特徴をまとめます。

  • 勉強しない人
  • ゲームが嫌いな人
  • 試行錯誤が出来ない人

暗号通貨を使うので継続学習は必須だし、ゲームが嫌いでは本末転倒。試行錯誤ができないとゲーム内で勝っていけないので、上記3つは致命傷となります。

逆に稼げる人の特徴は上記を反転させたものです。リテラシーが高く、ゲーム好き。試行錯誤を日常的に行っている人といった感じでしょうか。

最終結論:ゲーム好きな人は始めるべき!

これがこの記事の結論です。まずNFTゲームの実情は、稼げなくなってきているということ。ただ全く稼げないわけではなく、これから高騰する可能性もあるわけです。なのでしっかりとしたNFTゲームを選びプレイしていけば、一攫千金あります。

悲しい:97%の人が行動しない

この記事を読んだ97人がページを閉じて終わります。とりあえず動いてみないと何も変わらないので、迷っているなら行動しましょう。費用は回収できますよ。