Written by Ippei Torigoe

noteのメリット・デメリットを解説する【ブログとの違いも解説】

BOOK

悩む人「noteのメリット・デメリットを知りたい。noteとブログの違いはなんなの?WordPressとnoteはどっちが良いんだろう。」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容 (もくじ)

この記事を書いている僕は、ブログオタクです。
もちろんnoteもやっていますし、収益も発生しています。

noteとは?

本題に入る前に、すこし解説します。
まずnoteとは、文章で情報発信ができるサービスですね。

基本機能は、ブログと変わりませんが「有料販売」「フォロー機能」など独自の特徴があります。今回はそんなnoteの解説記事です。

※なお、当記事では「ブログ=WordPress」として解説していきますね。

noteのメリット・デメリットを解説する


noteにはたくさんのメリットがありますが、同時にデメリットもあります。
なので、ここではメリット・デメリットを解説します。

noteのメリット

  • メリット①:すぐに無料で使える
  • メリット②:初期からアクセスを集めやすい
  • メリット③:コンテンツ販売ができる

上記の通りです。
それぞれ深堀りします。

メリット①:すぐに無料で使える

noteはアカウント登録後に、すぐに無料で使えます。
ブログというよりは、SNSに近いイメージですね。

なので、他のSNSで解説しきれなかったことを、サササッとまとめれます。
ツイッターを利用している人は、発信の幅が広がりますね。

メリット②:初期からアクセスを集めやすい

noteは初期からアクセスを集めやすいです。
ここをすこし、ブログと比較してみましょう。

  • 比較①:note初月アクセス数:1000PV
  • 比較②:ブログ初月アクセス数:200PV

上記は、僕の実際のデータです。
noteは「note内」でも読まれるため、初期からアクセスが集まります。

逆にブログでは、SEOからの流入がメインなので、初期はアクセスが集まりません。
繰り返しですが、noteはSNSに近いイメージですね。

メリット③:コンテンツ販売ができる

noteでは、記事を有料販売することができます。
しかも記事を公開する前に、1クリックでできます。

例えば、ブログで有料販売する場合、全ての設定を自分でする必要があります。

しかしnoteでは、たった30秒ほどでできます。
この手軽さゆえ、noteは初心者にオススメです。

noteのデメリット

次に、デメリットが下記です。

  • デメリット①:デザインが変えられない
  • デメリット②:サービス終了のリスクがある
  • デメリット③:アドセンス広告が貼れない

上記の通りです。
それぞれ深堀りします。

デメリット①:デザインが変えられない

noteのデザインは変えられません。
なので周りとの差別化ができないため、上位プレイヤーを狙うのは難しいです。

ブログの場合は、デザインを自分好みに変えられるので、差別化はしやすいのかと。

デメリット②:サービス終了のリスクがある

noteは企業なので、サービス終了のリスクがあります。
具体的には、下記です。

  • note社が倒産する
  • サービスが打ちきりになる

上記の通り。
このようにサービスが終了した場合、今までの記事も全て消えます。

これは、無料ブログすべてに言えることです。
WordPressブログに関しては、100%あなたモノなのでリスクも0です。

デメリット③:アドセンス広告が貼れない

noteでは「アドセンス広告」を含む、広告を掲載できません。
なので、noteで収益を得たいなら有料記事が中心となります。

noteにおけるNG行為

  • アドセンス広告
  • アフィリエイト
  • セルフバック

上記は、すべてNGです。
なので、本格的に稼ぎたい方には、オススメできません。

noteに有料課金するとできること

noteには「月額500円」を課金すると、「プレミアム会員」になれます。
具体的なメリット、下記です。

  • 数量限定販売ができる
  • コメント欄のON / OFF機能を利用できる
  • コンテンツの予約投稿ができる
  • 有料コンテンツの価格上限をあげられる
  • Amazonウィジェットを追加できる
  • 月額課金マガジンを発行できる

上記の通りです。
本格的にnoteを頑張りたい人には良いかもですが、それ以外の人には、ぶっちゃけ微妙です。

noteとブログの違いとは?


noteとブログには違いがあります。
それが、下記です。

  • その①:収益化の方法
  • その②:デザインのカスタマイズ性
  • その③:おすすめの人

その①:収益化の方法

noteとブログでは、収益化の方法が異なります。
前章で軽く触れましたが、すこし深堀りします。

noteの収益化する方法

noteの収益方法は、コンテンツ販売がメインです。
理由は、広告が貼れないからです。

なのでnoteを収益化するならコンテンツ販売、あるいは有料メルマガなどの、サービス内で用意された収益方法のみしか使えません。

ブログの収益化する方法

WordPressブログにおける収益方法は、基本自由です。
なぜなら、制限が何もないから。

具体的な収益方法は、下記です。

  • アフィリエイト
  • アドセンス広告
  • 有料コンテンツの販売

上記の通りです。
ブログでも、有料コンテンツの販売はできます。

というか、noteよりも手数料が安いので、お得ですよ。
なので、繰り返しですが記事を資産にして、不労所得を狙う人は「WordPress」が良いのかなと。

その②:デザインのカスタマイズ性

Noteとブログでは、デザインのカスタマイズ性に雲泥の差があります。

noteのデザイン性

デザインのカスタマイズ性0です。
他の人と差別化したい方や、自分好みにサイトをデザインしたい人は、WordPressを選びましょう。

デザインとかどうでもいいから、とにかく発信したい人はnoteを使うと良いです。

ブログのデザイン性

WordPressにおける、デザインのカスタマイズ性は無限です。
自分好みにサイトをデザインすることができます。

難しそうだな…と思うかもですが、ダウンロードするだけで使える「型」などもあるため、難易度レベルは低いです。

なので、デザインを楽しみたい方は、WordPressが良いでしょう。
» 【厳選】WordPressおすすめテーマ6選【目的別に解説する】

その③:おすすめの人

noteとWordPress、それぞれにおすすめの人をまとめます。
自分にマッチした方を使いましょう。

noteがおすすめの人

手軽に情報発信を始めたい方にオススメ。
あるいは、すでに知名度がある方にはnoteが良いです。

理由は、前述のとおりですが、SNS気質が高いからです。
なので、知名度があれば、人気クリエイターになりやすいです。

また、あまり収益を求めない方もおすすめです。
なぜなら、収益方法が有料コンテンツのみだから。

ブログがおすすめの人

記事を資産として積み上げたい方にオススメ。
最近話題の「FIRE」を狙うなら、WordPress一択ですね。

収益方法やデザイン性的にも、自由度が高いので「自分好みのサイト」を作りたい人もWordPressが良いでしょう。

サイトが評価されると、仕事にも繋がるかもなので、オススメです。
» 副業ブログで月5万円稼ぐために行った施策と全技術【5万円稼げる保証付き】

まとめ:note vs ブログ

まとめをして、終わります。
具体的には、下記です。

  • 手軽に情報発信を始めたいならnote
  • すでに知名度がある方にはnote
  • あまり収益を求めないならnote
  • 記事を資産として積み上げたいならブログ
  • 収益化を目指せうならブログ
  • 自分好みのデザインにしたいならブログ

ザックリですが、こんな感じですね。
両方同時にやるものOKなので、試してみてください。

ブログで月5万円稼ぐ手順を知りたいへ!