Written by Ippei Torigoe

【超簡単】OpenSeaを始める3つの手順【完全初心者向け】

NFT

悩む人「Openseaを始めてみたい…。NFTアートを購入してみたい。わかりやすく画像を使って解説してほしい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • OpenSeaとは?
  • OpenSeaを始める3つの手順
  • OpenSeaでNFTアートを売買し始める方法

この記事を書いているぼくは、NFTアーティストとして活動しています。

実際にNFTアートを売買してるので、信頼担保に繋がると思います。

OpenSeaとは?【始める前に知っておきたいこと】


OpeaSeaとは世界最大規模のNFTマーケットプレイスのこと。

OpeaSeaは無料で使えます

OpeaSeaの作成にガス代(手数料)がかからないのが特徴。
他のプラットフォームでは「イーサリアムの手数料」が発生するので、NFT初心者でも参入しやすい場所です。

補足:オススメのNFTマーケットプレイスを紹介

  • OpenSea:世界最大規模を誇る
  • Rarible:独自のトークンを発行できる
  • SurperRare:審査に通った優秀な作品のみが揃う

こんな感じです。

これから他のマーケットプレイスも発展していくと思いますが、現段階だとOpeaSeaが強いですね。なんといってもユーザーが多いので、売買がしやすくなっています。

OpeaSeaでは著名人の作品も購入できます

  • 西野亮廣:みにくいマルコ
  • せきぐちあいみ:幻想絢爛
  • 村上隆:Murakami.Flowers ※販売中止

上記のように、日本の著名人がOpeaSeaを使ってNFTを発行しています。

最近だと「ONEPIECE」なども参入する予定です。このようにNFT市場がドンドン盛り上がってき、著名人の参入も増えていくことが予想されています。

OpenSeaを始める3つの手順


次のとおりです。

  • 手順①:OpeaSeaにアクセスする
  • 手順②:メタマスクにサインインする
  • 手順③:基本情報を入力する

手順①:OpeaSeaにアクセスする

まずはOpeaSeaにアクセスしましょう。
» OpeaSeaの公式ページ

ページに飛んだら『右上の人影⇨アカウント設定』の順にクリックしていきます。

手順②:メタマスクにサインインする


上記の画面になるので『Sign in』をクリック。
※表示されない場合は、直接メタマスク(右上)を開く。


『著名』をクリック。


上記で「ブロックチェーン」を選択できます。

ポイント:設定できるブロックチェーン

  • イーサリアム:手数料が高め
  • ポリゴン:手数料が安め

上記の通り。

個人的に「最初はイーサリアムでOK」だと思います。理由は、イーサリアムの方が設定が簡単だから。後で変更し直すことができるので、まずはイーサリアムで進んでいきましょう。

なお、このあたりの知識は「イケハヤさんの放送」が参考になると思います。

手順③:基本情報を入力する


上記の欄に基本情報を入力していきます。

  • Username:名前(なんでもOK)
  • Bio:経歴(適当でOK)
  • Email Address:メールアドレス

こんな感じです。
入力し終えたら『Save』をクリックします。

OpeaSeaからメールが届きます。


上記のようなメールが届きます。
『VERIFY MY EMAIL』をクリック。


『Back to OpeaSea』をクリック。

これにてアカウント開設は完了です!
お疲れさまでした!

OpenseaでNFTアートを売買し始める方法


次のとおり。

  • 手順①:暗号資産取引所で口座開設する
  • 手順②:MetaMaskでウォレットを作成する
  • 手順③:Openseaでアカウントを作成する ←いまここ!
  • 手順④:MetaMaskにコインを送金する
  • 手順⑤:最初のNFTを販売する

上記の通りです。

なお、具体的な方法は「【簡単】NFTアートを作る5つの手順【不安解消/完全初心者OK】」でまとめています。参考までに目を通していただければ、NFT売買の全体像がつかめると思います!