Written by Ippei Torigoe

OpeaSeaの始め方 – 1年使い続けた俺が全機能の使い方を教えます

NFT

悩む人「Openseaをの使い方を知りたい…。複数の記事を見るのは面倒だから、1記事で全機能を知りたい。わかりやすく画像を使って解説してほしい」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • OpenSeaとは?
  • OpenSeaの登録・アカウント開設
  • OpenSeaで出品する方法
  • OpenSeaで購入する方法

この記事を書いている僕は、国内99位のNFTを運営しています。
わずか3ヶ月でNFT取引高は200万を超えました。

そこで今回は、OpeaSeaを日常的に使ってきた経験を元に、各種機能の使い方やOpeaSeaで稼げるようになるまでの設定方法をまとめました。

また、使いこなすまでに時間がかかった部分や、エラーが出た際の対処法など、OpeaSeaを使う上で出てきた悩みについて、私がどのように対処してきたのか?

実体験を元に解決しているので、これからOpeaSeaを始めようと思っている方の参考になれば幸いです。

OpenSea(オープンシー)とは?


OpeaSeaとは世界最大規模のNFTマーケットプレイスのこと。

アートやゲームアセットを売買できる

アートやブロックチェーンゲームのアイテム等を売買することができます。

2017年12月にサービスが開始され、わずか3年間で月間売上高が約6000億円を突破しています。※ 2022年1月の売上。驚異的な成長スピードを誇るサービスともいえます。

メルカリ社の2021年6月の月間売上が1061億円。OpeaSeaとメルカリを比較すると、OpeaSeaは約6倍の売上高を誇ります。参照元(メルカリ業績・財務データ

OpeaSeaは著名人も使っている

  • 西野亮廣:みにくいマルコ
  • せきぐちあいみ:幻想絢爛
  • 村上隆:Murakami.Flowers ※販売中止

日本の著名人もOpeaSeaを使ってNFTを発行しています。また、海外のセレブリティーもOpeaSeaを利用し始めているため、世界的なNFTプラットフォームなのかなと。

OpeaSeaの細かい機能

  • 無料でNFTを発行できる
  • ロイヤリティを設定できる
  • 販売方式を設定できる
  • 日本語に対応している

こんな感じでしょうか。

他プラットフォームだと手数料がかかるのですが、OpeaSeaは無料で売買することができます。また販売方式が選べたり、ロイヤリティといった「作者にお金が入る続ける仕組み」も利用することもできます。正直、NFT取引所はOpeaSea一択ですね。

OpenSeaの始め方 – 登録からアカウント開設まで


次のとおりです。

  • 手順①:メタマスクをインストール
  • 手順②:OpeaSeaにアクセスする
  • 手順③:OpeaSeaとメタマスクを接続
  • 手順④:基本情報を入力する

手順①:メタマスクをインストールする

まずはメタマスクをインストールしましょう。

OpeaSeaにはアカウント登録等は必要なく、その代わりにウォレット接続の必要があります。ウォレットには複数種類ありますが、1番初心者向けなのはメタマスクです。

手順②:OpeaSeaにアクセスする


つぎにOpeaSeaにアクセスしましょう。
» OpeaSeaの公式ページ

手順③:OpeaSeaとメタマスクを接続


OpeaSeaとメタマスクを接続します。
上記画面の順にクリックしていくと、許可申請が表示されるので承諾しましょう。

手順④:基本情報を入力する



上記の欄に基本情報を入力していきます。

  • Username:名前(なんでもOK)
  • Bio:経歴(適当でOK)
  • Email Address:メールアドレス

こんな感じです。
入力し終えたら「Save」をクリックします。

OpeaSeaからメールが届きます。


上記のようなメールが届きます。
「VERIFY MY EMAIL」をクリック。


「Back to OpeaSea」をクリック。
これにてアカウント開設は完了。

OpeaSea(オープンシー)の使い方【出品方法】

OpeaSeaで作品を出品する方法を解説します。

  • ① コレクションを作る
  • ② 作品を投稿する
  • ③ 作品の販売方式を決める

① コレクションを作る

  • ① コレクションを作る ←いまここ
  • ② 作品を投稿する
  • ③ 作品の販売方式を決める

まず「アイコン⇨My Collections」をクリック。
すると下記のように表示されます。

メタマスクから「署名」を求められるのでクリック。
さいごに「Create collection」をクリック。

(1):画像を入力


つぎに3つのコレクション情報を入力していきます。
まずは画像から入力します。

  • Logo image:ロゴ画像
  • Featured image:アイキャッチ画像
  • Banner image:ヘッダー画像

このあたりを設定します。後ほど変更し直せるので、考えすぎなくてOKです。

(2):コレクション情報を入力する


コレクション情報を入力していきます。
具体的には、下記です。

  • name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの説明

なお、コレクションの説明に関しては英語で記入しましょう。なぜなら、英語マーケットのほうが大きいから。英語が苦手なら人は「Deepl」という翻訳ツールを使えば簡単に作成できるので、どうぞ。無料です。

カテゴリーに関しては、下記です。

  • 芸術作品よりなら、Art
  • 何枚もコレクションを作成するなら、Collectibles

こんな感じの選択基準でOKです。
つぎにあなたのURLを入力します。


作品の購入時に、必ず確認されるポイントなので、しっかりとしたリンク先を記入しておきましょう。

(3):販売方法を入力

ロイヤリティを設定します。ここに設定したパーセンテージが、取引されるたびに手数料としてあなたの手元に入ってきます。5~10%あたりがベストなのかなと。


販売するトークンを変えたい場合はここで設定します。

注意:販売する詳細設定は下記です。

  • イーサリアムを使いたい人:Ethereum
  • ポリゴンを使いたい人;Polgon

こんな感じ。
特にこだわりがないなら、ETHを選んでおくのが無難です。


さいごに表示方法を設定します。
このあたりはあなたの自由です!自身の好みに合う表示方法を選びましょう。

※過激な作品のみチェックマークをONする

署名をしておわりです。
これでコレクション(お店)を作ることができました。

補足:エラーが発生してしまう人へ


[Error submitting request: Failed to fetch]と表示される人は、「人物マーク⇨My collection」とクリックしていきましょう。

おそらく追加されていると思いますが、内容がないので再び入力してください。なお、連続でクリックしてしまった人は複数作成されているはずなので、削除しましょう。

② 作品を出品する

  • ① コレクションを作る
  • ② 作品を投稿する ←いまここ
  • ③ 作品の販売方式を決める

作品を投稿していきます。
お店でいう「料理」といったイメージ。

まず「Create」をクリック。
作品情報を入力していきます。

  • ① 作品画像
  • ② 作品名
  • ③ 作品を紹介するWebページ
  • ④ 作品の説明

このあたりを入力していきます。
Webページがない人は、SNSアカウントなどでOKです。


上記の通りです。
コレクションを選択したら、その下は初期設定でOKです。


つぎに売買に使用するブロックチェーンを設定します。
具体的には、下記です。

  • Supply:限定販売枚数
  • Blockchai:ブロックチェーンを選択
  • Freeze metadata:データ凍結の詳細

イーサリアムの人は、ETHを選択。ポリゴンの人は、Polgonを選択しましょう。
こだわりがないならETHでOKです。

これで作品(料理)が投稿できました。
つぎでさいごの手順です!頑張りましょう!

③ 作品の販売方式を決める

  • ① コレクションを作る
  • ② 作品を投稿する
  • ③ 作品の販売方式を決める ←いまここ

NFTアートに値段をつけて発行します。


まずは「売る」をクリック。
つぎに値段をつけていきます。


価格を設定します。
ETHの場合は、オークション形式での販売もできるので、用途に合わせて選択します。

設定し終えたら「Complete listing」をクリック。


すると「Sign」と「著名」を求められるのでクリックします。

ガス代の相場は5,000〜15,000円です。始めの1回だけ支払えばあとは無料なので、必要経費としてポチりましょう。

ガス代の支払い方

イーサリアムを送金する際に、手数料がかかります。なので、ガス代分よりも少し多めにイーサリアムを購入しておきましょう。


上記の画面が出れば成功です!これにてNFT販売は完了です!お疲れさまでした!

補足:オークション形式で販売したい場合


オークション販売したい場合は、イーサリアムでの出品が必要となります。ポリゴンだと不可能なので、ご注意ください。なお、OpeaSeaの不具合かもですが、最近はオークションが終了しても作品が届かない場合があります。そういった際は手動でオファー承認する必要があります。覚えておいてくださいませ。

OpeaSea(オープンシー)の使い方【購入方法】


OpeaSeaで作品の買い方を解説します。

  • その①:欲しい作品を見つける
  • その②:作品を購入する

その①:欲しい作品を見つける


まずは作品を見つけましょう。

OpeaSea内になかった場合はツイッターで「NFTアートを買いたいので、おすすめ作品を教えて下さい」と呟けば、たくさん作品が集まると思います。参考までにどうぞ。

その②:作品を購入する


こんな感じでクリックしていくと、手数料を含めて購入金額が表示されるので承諾。なお、表示価格と購入価格が異なるケースもあるので、しっかり確認しましょう。

補足:オークションやオファーのやり方

オークションやオファーにはWETHを使います。
WETHを所持していない人は、ETHをWETHに変換する必要があります。


こんな感じでWETHに変換できたら、金額を入力すればOKです。オークションやオファーの場合は最高額、保有者の承認でゲットすることができます。つまり、あとは待つのみ。

さあ、OpeaSeaを始めてみよう!


さいごに要点をまとめて終わります。

  • 手順①:メタマスクをインストール
  • 手順②:OpeaSeaにアクセスする
  • 手順③:OpeaSeaとメタマスクを接続
  • 手順④:基本情報を入力する

こんな感じ。
出品、購入方法については、それぞれ各章を御覧ください。

NFTを始める全体像は「【初心者向け】最も簡単なNFTアートの作り方【5ステップで解説】」でまとめています。参考までにどうぞ。

今回は以上となります( ´∀`)bグッ!
普段の僕はツイッターで発信しているので、ご興味ある方はどうぞ。