Written by Ippei Torigoe

【厳選】NFTアートを作るアプリ3選【クリエイターの僕がおすすめ】

NFT

悩む人「ドット絵を作って販売してみたいな…。本格的なイラストは書けないからドット絵でNFTに参入したいな。」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • 僕がおすすめするNFTアートを作れるアプリ3選
  • 参考になりそうなNFTアートを紹介

この記事を書いている僕は、NFTプロジェクトに関わっています。
NFTの発信で9,000フォロワーを突破したので、信頼担保に繋がるのかなと。

NFTアートを作るアプリ3選【クリエイターの僕がおすすめする】


次のとおり。

  • ドット絵を作りたい:8bit painter
  • イラストを描きたい:IbisPaint
  • 動くドット絵を作りたい:pixelable

このアプリを使えば、簡単にNFTアートを作ることができます。
どれも無料で使えるので、気になるアプリをDLしてくださいませ。

アプリ①:8bit painter

ドット絵を作りたい方にオススメの無料アプリです。
誰でも簡単にドット絵を作ることが出来ます。

上記のNFTは「8bit painter」で作り、ミントしました。
価格としては0.1ETH(4万円)ほどです。無料で良質なドット絵を作ることができるので、個人的には一番オススメのアプリです。

絵を書くのが苦手な方へ

絵が苦手な方でもドット絵なら作ることができます。ぼく自身、絵は全くの素人でしたが、NFTを出品しています。ドット絵の作成と出品なら誰にでもできるので、迷っているなら挑戦しましょう。経験とお金に変わるはずです。

アプリ②:IbisPaint

イラストを描きたい方にオススメの無料アプリです。
操作が簡単で使いやすいので「絵に自身のある方」に良いのかなと。

ドット絵というより、イラストよりの作品が作りたい方におすすめですね。なお、絵に自身がない方でも、今はYoutubeでプロが絵の書き方を教えてくれるので、0から練習するのもありなのかなと。

さいとうなおき先生のおすすめ動画を貼っておきます

アプリ③:pixelable

動くドット絵を作りたい方にオススメです。
こちらも無料アプリなので、躍動感ある作品を作ってみたい方はどうぞ。

人気作品を動くドット絵にしてみたり、二次創作に向いているアプリです。自作品のイメージが掴めない人は、まずは動くドット絵で二次創作をしてみましょう。

アプリでNFTアートを作る手順


次の通り。

  • 手順①:アプリをダウンロードする
  • 手順②:絵を書く
  • 手順③:出品する

パソコンで作る方法もありますが、申し訳ない。
今回は「スマホ・タブレット」のみでNFTアートを作る方法をまとめていきますね。

なお、オススメの端末は「iPad Air」×「ApplePencil」の2つです。iPhoneでも作ることはできますが、本格的に作りたいならあまりオススメはしません。なぜなら、細かい作業が難しいから。初期投資としてポチりましょう。費用は後々回収できますよ。

手順①:アプリをダウンロードする


今回はこちらのアプリを例に解説していきます。

まずは「8bit Painter」をダウンロードしましょう。
無料で使えるので、オススメです。

他のアプリも色々試しましたが、一番使いやすかった。
初心者でも扱えるので、無料ダウンロードしておきましょう。

手順②:絵を書く

つぎに作品を作っていきます。
自身が納得できる作品を自由に作り出してください!

なにを書いていいかわからない!という人は、クリプト忍者の二次創作をやってみるのもアリですね。もとの知名度が高いので、自作品を作るよりは売れやすいかもです。とはいえ、このあたりは完全に自由です。

手順③:出品する

さいごに出品をしておわりです。
ただ、出品のプロセスがすこし難しい。

なので、画像をふんだんに使って「初心者向けに『NFTアートの作り方』を解説する【5つのステップ】」で解説してみました。参考までに読んでいただければ、無料でNFTアートを出品できると思います!迷っているなら行動しましょう。

アプリでも作れるNFTアートを紹介する


参考になりそうなドット絵を解説していきます。

その①:Crypto Punks


1つ目が「Crypto Punks」という作品です。
世界的にも価値の高いドット絵とされています。

例えば、上記です。
このドット絵は約9800万円で取引されています。

こんな感じでドット絵でも価値が高まることはあり得ます。アート作品において「参考にする」というのも悩ましいポイントですが、知識として知っておくのはありですね。

その②:OtsukaPunks


続いては「OtsukaPunks」という作品です。
コインチェック共同創業者の大塚雄介さんがプロデュースしているNFTで、ぼくも運営者として関わらせて頂いています。

全てドット絵で作られているコレクションなので、バリエーションの参考になるかもです。ちなみに、創作者の大塚さんは「スマホアプリ」で自ら作品を作られています。

2022年1月現在は販売されていませんが、今後は続々とミントする予定です。コミュニティ要素の強いNFTなので、個人的に日本トップクラスになる予感…。

NFTアートの参考にすべきポイント

作品を見る際に、参考にすべきポイントがあります。
具体的には、下記です。

  • ① 価格設定
  • ② SNSの活用方法
  • ③ 販売するブロックチェーン

Crypto Punksの場合は価格は高く、全作品が一斉にミントされています。

逆にOtsukaPunksの場合はマイナーなので、まずは安めの価格で販売しています。ミントに関しても、1枚ずつ丁寧にしている感じ。作品によって販売方法が異なるので、みなさんの作品に合うやり方を模索しましょう。

なお、NFTアートの売り方は「NFTアートが売れない理由は「マーケティング」にある【結論あり】」でまとめています。合わせて読んで頂ければマーケ力があがるのかなと。

NFTアートを作るアプリに関するQ&A


NFTアートを作るアプリに関する質問にお答えします。

NFTアートの出品には手数料がかかる?

はい、かかります。

具体的には5,000円~15,000円の範囲の手数料です。とはいえ、OpeaSeaの場合は始めの1回だけ手数料がかかり、その後は無料で出品し放題なので、先行投資としてポチるのがおすすめですね。

NFTアートは未成年でも出品できる?

はい、できます。

ポリゴンネットワークで出品すれば、未成年でも出品することができます。ただポリゴンだと流動性の問題などから、あまりおすすめはできない。本気でコレクション運営をしたいなら、親に口座開設をしてもらいイーサリアムでの出品がおすすめです。

NFTアートの税金はかかる?

はい、かかります。

20万円以上の利益を出した場合、雑所得として確定申告をする必要があります。

詳しくは「【NFTの確定申告】売買した際の税金はどうなる?暗号資産(仮想通貨)取引を参考に考える」が参考になりましたので、どうぞ。