Written by Ippei Torigoe

無料:クリエイターの僕がおすすめするNFTアートを作るアプリ3選

NFT

悩む人「ドット絵を作って販売してみたいな…。本格的なイラストは書けないからドット絵でNFTに参入したいな。」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • 僕がおすすめするNFTアートを作れるアプリ3選
  • 参考になりそうなNFTアートを紹介

この記事を書いている僕は、NFTアーティストです。
先日書いたドット絵が1万円弱で売れたので、信頼担保に繋がると思います。

僕がおすすめするNFTアートを作れるアプリ3選


次のとおり。

このアプリを使えば、簡単にNFTアートを作ることができます。
どれも無料で使えるので、気になるアプリをDLしてくださいませ。

NFTアートを出品するまでの流れを解説します

  • 手順①:アプリをダウンロードする
  • 手順②:絵を書く
  • 手順③:出品する

パソコンで作る方法もありますが、申し訳ない。
今回は「スマホ・タブレット」のみでNFTアートを作る方法をまとめていきますね。

なお、オススメの端末は「iPad Air」×「ApplePencil」の2つです。iPhoneでも作ることはできますが、本格的に作りたいならあまりオススメはしません。なぜなら、細かい作業が難しいから。初期投資としてポチりましょう。費用は後々回収できますよ。

手順①:アプリをダウンロードする


今回はこちらのアプリを例に解説していきます。

まずは「8bit Painter」をダウンロードしましょう。
無料で使えるので、オススメです。

他のアプリも色々試しましたが、一番使いやすかった。
初心者でも扱えるので、無料ダウンロードしておきましょう。

手順②:絵を書く

つぎに作品を作っていきます。
自身が納得できる作品を自由に作り出してください!

なにを書いていいかわからない!という人は、クリプト忍者の二次創作をやってみるのもアリですね。もとの知名度が高いので、自作品を作るよりは売れやすいかもです。とはいえ、このあたりは完全に自由です。

手順③:出品する

さいごに出品をしておわりです。
ただ、出品のプロセスがすこし難しい。

なので、画像をふんだんに使って「初心者向けに『NFTアートの作り方』を解説する【5つのステップ】」で解説してみました。参考までに読んでいただければ、無料でNFTアートを出品できると思います!

参考になりそうなNFTアートを紹介【アプリでも作れる】


参考になりそうなドット絵を解説していきます。

その①:Crypto Punks


1つ目が「Crypto Punks」という作品です。
世界的にも価値の高いドット絵とされています。

例えば、上記です。
このドット絵は約9800万円で取引されています。

こんな感じでドット絵でも価値が高まることはあり得ます。アート作品において「参考にする」というのも悩ましいポイントですが、知識として知っておくのはありですね。

その②:Internet Punks


続いては「Internet Punks」という作品です。
こちらはクリプトパンクスほど有名ではなく、マイナー作品となっています。

全てドット絵で作られているコレクションなので、そのバリエーションの多さが作品作りの参考になるかもです。

NFTアートの参考にすべきポイント

作品を見る際に、参考にすべきポイントがあります。
具体的には、下記です。

  • ① 価格設定
  • ② SNSの活用方法
  • ③ 販売するブロックチェーン

このあたりが参考にすべきポイントです。

例えば、Crypto Punksの場合は、メジャーなので価格は高く、ブロックチェーンはイーサリアムで販売しています。

逆にInternet Punksの場合は、マイナーなので価格は安く、ブロックチェーンはポリゴンで販売しています。ポリゴンで販売すると、手数料が安く済むので弱者の戦略としてはグッドです。

このように、強者と弱者とで戦い方が異なるので、自身に合う方を参考にすることができます。

こんな感じで、上記の3つを意識してみてください。