Written by Ippei Torigoe

ラッコキーワードの使い方を解説する【キーワード選定の手順も解説】

BLOG

悩む人「ラッコキーワードの使い方を知りたいな…。ラッコキーワードを使って検索ボリュームを調べてみたいな。キーワード選定のやり方を教えて下さい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • ラッコキーワードの使い方
  • キーワード取得以外の便利機能
  • キーワード選定をする手順

この記事を書いている僕は、ブログを書いて生活しています。
ブログ歴は4ヶ月ですが、3.5万PVを超えました。

ラッコキーワードとは?

キーワードを取得できる無料ツールです。ブロガーなら必ず使えるようにしておくべきでして、僕が短期間で3万PVまでブログを伸ばすことができたのも、このツールのおかげです。今回は初心者ブロガーに向けて、ラッコキーワードの全技術を解説していきますね。

ラッコキーワードの使い方を徹底解説する


結論は、下記の手順です。

  • 手順①:ラッコキーワードにアクセスする
  • 手順②:キーワードを検索する
  • 手順③:キーワードを確認する

手順①:ラッコキーワードにアクセスする

まず「ラッコキーワード」にアクセスしましょう。
» ラッコキーワードを無料で使ってみる

ラッコIDを取得する ← 無料です。

ラッコキーワードには使用制限があり、1日20回しか検索できません。


無料登録することで「無制限」へと開放されます。完全無料で登録できるので、右上の「新規登録」から無料登録しておきましょう。

手順②:キーワードを検索する

ログインし終えたら、検索してみましょう。
[ iPhone おすすめ ]と検索してみます。

このように「サジェストキーワード」が表示されます。こちらが実際に検索されているキーワードですね。記事を書く前に検索することで、狙うキーワードが明確になります。いままでやって来なかった人はぜひ試してみてください。

便利機能:キーワードを全コピする

下記をクリックすることで、全コピができます。


初心者時代のぼくは、ひとつずつキーワードをコピーしていましたが、不便でした。最近この機能を知ったのですが、マジで作業効率が上がったのでオススメです。

便利機能:検索画面にとぶ方法

下記のマークをクリックすることで、実際の検索画面にとぶことができます。


これを知らないとわざわざGoogleを開き直すことになるので、面倒です。


よく使う機能なので覚えておきましょう。

ラッコキーワードの便利な使い方3つ【キーワード取得以外の機能】


キーワード取得以外の便利な使い方をまとめていきますね。
結論は、下記のとおりです。

  • その①:競合サイトの分析
  • その②:ロングテールキーワードの表示
  • その③:キーワードに関する悩みを分析

その①:競合サイトの分析

ラッコキーワードでは、競合サイトを分析することができます。具体的には下記です。

  • ① 記事の構成
  • ② 平均文字数
  • ③ h1〜h5までの見出しの確認

このあたりを調査することができます。

ラッコツールズを開く

まずはラッコツールズを開きましょう。
» ラッコキーワードにアクセスする

見出し(hタグ)抽出

続いて「見出し(hタグ)抽出」をクリックします。
デザインが可愛らしいですね。

上位サイトが表示

検索上位の10サイトが表示されました。

文字数と見出しを確認

文字数と見出しが確認できたと思います。


このあたりを調査しつつ、記事を書いていけば上位表示を狙っていけるようになります。アクセスが増えない人はここができていない可能性があるので、ぜひ試してみてください。

その②:ロングテールキーワードの表示


上記をクリックすることで、ロングテールキーワードに切り替わります。


初心者がアクセスを伸ばす上でロングテールキーワードは鍵となってきます。この機能を使いつつ、攻略していきましょう。

その③:キーワードに関する悩みを分析


Q&Aをクリックすることで、生の声を抽出できます。


「このキーワードで検索する人は、どんな悩みを持ってるんだろう…」と悩んだ時にすごく便利なので、覚えておくといいでしょう。

キーワード選定をする手順【ラッコキーワードを使いつつ解説】


ぼくが実際に行っている、ラッコキーワードからキーワード選定をする方法をまとめていきますね。

  • 手順①:ラッコキーワードで検索
  • 手順②:キーワードプランナーで検索数を調査
  • 手順③:スプレッドシートで取捨選択する

手順①:ラッコキーワードで検索

まずはラッコキーワードで関連キーワードを取得し、全コピします。
今回は[ ブログ おすすめ ]というキーワードで進めていきますね。

手順②:キーワードプランナーで検索数を調査

キーワードプランナーにログインしましょう。
検索データと予測のデータを観測するをクリックします。

なお、キーワードプランナーのログイン方法は「【2021年版】キーワードプランナーの使い方+代わりの無料ツール【11枚の画像で解説】」でまとめています。参考までに目を通していただければ、キーワードプランナーが使えるようになると思います。


キーワードを貼り付けて、開始をクリック。


こちらが検索ボリュームになります。
この結果をダウンロードして、スプレッドシートに貼り付けていきましょう。


そしてGoogleスプレッドシートをクリック。
下の方を選ぶのがポイントです。


最後にダウンロードをクリック。
少し待つと、「スプレッドシートを開く」とでるのでクリックします。


この画面になったら成功です!

手順③:スプレッドシートで取捨選択する

続いて、キーワードを取捨選択していきます。
まずは邪魔な列を削除しましょう。

ポイント:フィルターをかける

C.Dを列ごと選択し「フィルタを選択」をクリック。


C,Dの「逆三角形」をクリックし、下記を選択します。

  • Cの列:500のみにチェックをいれる
  • Dの列:低のみにチェックをいれる


こんな感じ。
競合性の列も同じことをやり、「低」のみにします。

後は記事を書くだけ!

下記の状態になれば、成功です!
検索数があり、かつライバルも弱いキーワードを抽出することに成功しました。


後は記事を書くだけです。20ほどのキーワードで上位をとれば、それだけで1万PVが達成でき、ネタ切れもしなくなるのでオススメです。

まとめ:ラッコキーワードを使ってブログを伸ばそう


さいごにまとめておわりますね。

この記事の要点

  • ラッコキーワードは無料で使える神ツールです
  • あまり知られていない3つの便利機能がある
  • キーワード選定をする時は、3つの手順で行う

こんな感じ。

すこし難しい場所も合ったと思うので、質問があれば「ツイッタ・インスタ・お問い合わせ」から。プラットフォームはなんでもOKなので、送っていただければお答えさせていただきます。

とういえ、ラッコキーワードは神kツールなので、ぜひ使ってみてください!
» ラッコキーワードを無料で使ってみる