Written by Ippei Torigoe

【神SEOツール】Rank trackerの使い方と料金を徹底解説する

AFFILIATE BLOG SEO

悩む人「SEOの検索順位をチェックして、アクセス数をUPさせたいな。Rank trackerの使い方や料金、ダウンロード方法を教えてほしい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容 (もくじ)

この記事を書いている僕は、ブログを書いて生活しています。
人生の第1優先にブログを持ってきており、月収は15万円を超えました。

Rank trackerは有料ということもあり、敷居が高かったのですが、当サイトもようやく導入しました。

そこで感じた感想は、神ですね…

導入してまだ1週間後なのに、SEO1位をいくつか取れました。
ということで今回は、実際に使ってみてわかったRank trackerの使い方・料金・ダウンロード方法を完全解説していきます。

Rank trackerとは?

検索順位を自動チェックしてくれるツールです。
トップブロガー界隈では、定番ツールとなっており、ほとんどの人が導入しています。元は海外製のツールですが、日本語対応もしています。

Rank trackerの特徴

  • キーワードを無限に登録できる
  • MacOSで安定した動作をする
  • 多機能

上記の通りです。

キーワードを無限に登録できたり、多機能だったりするので、非常にコスパが良いとされています。また、MacOSで安定してやすいことから、利用者の多くがMacユーザーという特徴もありますね。

Rank trackerとGRCはどっちがいいの?

  • Macユーザーは、Rank trackerがおすすめ
  • Windowsユーザーは、GRCがおすすめ

上記の通りです。

基本的に、OSにあったツールを使いましょう。なぜなら動作が安定するから。検索ツールは有料のことが多いため、失敗しないためにも、必須知識ですね。

OSとは異なるツールを使いたい人へ

  • Macユーザーだけど、GRCを使ってみたい
  • Windowsユーザーだけど、Rank trackerを使ってみたい

こういった人は、PCを買い替えることをオススメします。
OSに反したツールを使うことも可能ですが、正直もったいない気がします。なぜなら、利用額が掛かるし、安定しないから。それよりは、10万円ほどのPCに買い替えたほうがコスパ的には良いのかなと思います。

オススメのパソコン

上記の通りです。
PC選びに迷った際の参考にどうぞ。

Rank trackerの使い方4選まとめ


Rank trackerの使い方を解説していきます。

  • その①:SEOキーワードの順位をチェック
  • その②:スケジュール予約での検索順位チェック
  • その③:SEOキーワードのグループ分け
  • その④:管理しているキーワードリスト内のメモ機能

その①:SEOキーワードの順位をチェック


王道の使い方です。
SEOキーワード順位を頻繁にチェックすることで、どの記事が上下しているかを把握できます。

  • 見方①:SEOキーワードの順位
  • 見方②:SEOキーワードの変動幅

上記が主な見方です。
「順位が下がってきたら修正する」←これを繰り返すことで、SEO順位を継続的にあげていけます。

その②:スケジュール予約での検索順位チェック

検索順位チェックを自動予約することができます。

手動で更新もできますが、少々時間が掛かります。
スケジュール予約をしておけば、ノンストレスで検索順位を確認できるため便利です。

その③:SEOキーワードのグループ分け


SEOキーワードをグループ分けをして管理できます。

もちろん一括管理もできますが、記事数が増えるごとに手間も増えます。
複数カテゴリーを扱う方にオススメの機能です。

その④:管理しているキーワードリスト内のメモ機能


管理しているキーワードリスト内に、メモ書きを残せます。

例えば、SEO順位が上がらない場合は記事を修正します。
その日付や内容をメモしておくことで、修正の被りを防ぐことができます。

なので、わりと大切な機能だったりします。

Rank trackerの料金+GRCとの比較


Rank trackerの料金プラン+GRCとの比較をしていきます。

Rank trackerはプロフェッショナル版でOK


Rank trackerは、プロフェッショナル版でOKです。
基本的に、個人ブログで必要な機能は満たしています。

プロフェッショナル版の機能

  • ① プロジェクト枚の競合他社5社
  • ② プロジェクトの保存(無制限)
  • ③ SEOタスクのスケジュール
  • ④ クリップボードへのデータコピー

上記の通りです。
これだけの機能にお金を払いたくない方は、無料版でもOKです。

ただ、無料版だとSEOキーワードを保存できないので、別の場所に自分でメモしておく必要があります。なので、まずは無料で使ってみて不便だったら有料課金する流れが理想かと思います。

Rank trackerとGRCとの比較

Rank trackerとGRCを比較しいていきますね。

なお、GRCとはWindows版のSEO検索ツールです。
なのでWindowsユーザーの方は、GRCがオススメです。

Rank trackerの詳細情報

無料版 キーワードの保存不可
プロフェッショナル版(149$) キーワード無制限
エンタープライズ版(349$) キーワード無制限

GRCの詳細情報

ベーシック版(4,500円) 500キーワードまで
スタンダード版(9,000円) 5,000キーワードまで
エキスパート版(13,500円) 50,000キーワードまで
プロ版(19,800円) 500,000キーワードまで
アルティメット版(22,500円) キーワード無制限

上記の通りです。
Rank trackerに比べて、料金プランの種類が豊富ですね。

まとめ:Rank trackerはコスパ最強

Rank trackerはコスパ最強です。
上記の図を見れば分かる通り、格安で1年間利用できます。

Rank tracker キーワード無制限:149$(約16,000円)
GRC キーワード無制限:22,500円

上記の通りです。
料金プランを比較すると、コスパの良さを感じると思います。

シンプルに安いので、投資として導入するのもありですね。

Rank trackerのダウンロード方法


Rank trackerのダウンロード方法をまとめていきますね。

Rank trackerをダウンロードする4つの手順

  • 手順①:公式サイトからRank trackerをダウンロード
  • 手順②:ソフト内の設定をする
  • 手順③:有料パッケージを購入
  • 手順④:登録キーを入力

手順①:公式サイトからRank trackerをダウンロード


公式サイトは、下記からどうぞ。
» Rank trackerの公式ページはこちら

手順①:公式サイトからRank trackerをダウンロードする方法

  • ① 日本語表記に変える
  • ② Rank trackerをクリック
  • ③ 名前とメアドを入力する
  • ④ 「ダウンロードする」をクリック

手順②:ソフト内の設定をする

  • ① ジップファイルを解凍する
  • ② ダウルクリックで開く
  • ③ 開く際に確認されるが「開く」をクリック

上記の通りです。
他のサイトをインストールするのと同じ手順です。

※Javaのホップアップが出た方へ
ホップアップが出た方は、Javaをインストールする必要があります。
公式サイトのリンクを張っておくのでダウンロードした後、再度Rank trackerを開いてみましょう。
» Javaの公式サイトはこちら

Rank trackerを開いた後にやること

  • 言語選択(日本語じゃなくてもOK、再設定可能)
  • 「承諾する」をクリック
  • チェックリストは全て外す

上記の通りです。
言語に日本語がないかもですが、気にせず進みましょう。後に設定し直します。

これで、インストールは完了です。

手順③:有料パッケージを購入


有料パッケージ(プロフェッショナル版)を購入していきます。
まず、公式サイトにアクセスしましょう。
» Rank trackerの公式サイトはこちら

アクセス後にやること

  • ① 注文をクリック
  • ② プロフェッショナル版(149$)をクリック
  • ③ 支払いを済ませる

上記の通りです。
支払いが終わり次第、ライセンスキーがメールに届くのですが、30~60分ほどかかる場合があるので、焦らず待ちましょう。

手順④:登録キーを入力


いよいよ最終ステップです。
メールに届いたライセンスキーを、Rank trackerに入力します。

  • ① Rank trackerで「ヘルプ」をクリック
  • ② 「情報を登録」をクリック
  • ③ ライセンスキーをそれぞれ入力する

上記の通りです。
これでRank trackerの有料版を利用することができます。

Rank trackerを使い始める初期設定


有料版を導入しても、初期設定をしないと使えないのでまとめていきますね。

  • その①:サイトの登録
  • その②:日本語対応させる
  • その③:ワークスペースを作成する

その①:サイトの登録

あなたのサイトURLを登録します。
ここは、完了済みの方が多いと思うので省略します。

その②:日本語対応させる

英語表記になっている方は、ここで日本語対応させておきましょう。
具体的な手順は、下記のリンクからどうぞ。
» 言語を日本語に変更する方法

その③:ワークスペースを作成する


さいごにワークスペースを作成します。
ワークスペースとは、実際に情報を計測する場所のこと。

ワークスペースを設定しないと、SEO順位はチェックできません。
まずは「+」をクリックし、チェックを入れていきます。

チェックマークを入れるべき場所

  • キーワード
  • Google.co.jp.Rank
  • Google.co.jp 差異
  • Google.co.jp URLが見つかりました
  • Google.co.jp 日付を確認
  • 注意
  • 検索数

このあたりは必須項目です。
ぜひ、チェックを入れておきましょう。

まとめ:完全に「買い」のサービス


というわけで、そろそろ終わります。
さいごに僕の尊敬する、マナブさんのツイートを紹介して終わりますね。


上記の通りです。
僕がRank trackerの導入を決めたツイートでもあります。

1万円強のツールに導入するのには抵抗がありましたが、導入後は「ぶっちゃけ他の人に教えたくないな…」というのが正直な感想です。

ということで、Rank trackerは完全に「買い」のサービスだよ〜ということを記事の結論にして、おわります。

» Rank trackerの公式ページ