Written by Ippei Torigoe

メタバースの元祖「セカンドライフ」について解決する【サービスを比較】

Metaverse

悩む人「セカンドライフについてを教えてほしいな。そもそもセカンドライフってなんなのかな?初心者にもわかりやすく教えて欲しい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • メタバースの元祖「セカンドライフ」について解決する
  • セカンドライフに変わるメタバースサービスとは

この記事を書いている僕は、最前線でメタバースを触ってきました。
実際にメタバース空間を行き来しているので、信頼担保に繋がると思います。

メタバースの元祖「セカンドライフ」について解決する


2003年にリリースされた「仮想空間」のこと。

セカンドライフとは

2003年にリリースされた「元祖メタバース」のこと。
仮想空間内で世界中の人と交流できるサービスです。

最近だとThe SandboxやClusterなど、続々と新しいメタバースサービスが登場していますよね。その中でもっとも古参なのが「セカンドライフ」といったイメージです。

セカンドライフの特徴とは

サービス内で「経済活動」ができたこと。
つまり、ゲーム内の通貨を現実世界で換金できるといった感じです。

この仕組が2006年に適応されたものですから、それはもう大人気になりました。

たった10ヶ月でアクティブユーザーが100万人を超え、「ゲーム内に秋葉原を再現する」などのイベントも盛んに行われていました。



参照元

ちなみに、当時の「100万人の価値」は相当なものですよ。今はネットが普及しているので、わりと簡単に人が集まりますが、当時はネットにアクセスできる層のほうが少数派だったわけですから。

しかし、セカンドライフは衰退した…

大人気を誇っていたセカンドライフ。
しかし、そう長くは続きませんでした…。

というのも、金銭的なやり取りが行われるようになってから、「詐欺まがいの行為をする」といった問題が出始めたんですよね。

運営側も対策をしましたが、全く歯止めが効かない状況。

しかたなく運営はセカンドライフを「免許制」に切り替えました。つまり、ライセンスがないと遊べないゲームですね。

「誰でも気軽に参加できる仮想空間」から程遠いサービスになってしまいブームは終了。サービスの人気も終焉を迎えることになったわけです。

…というのが、2021年までのセカンドライフの歴史でした…。

セカンドライフは時代に追いついていなかった…

セカンドライフが衰退した理由は「詐欺まがいの行為をする」といった問題です。

というのも、当時はそれに対処する術がなかったんですよね。しかし、現代ではNFTといった画期的な技術があります。つまり、詐欺まがいの行為ができないわけです。

  • ブロックチェーンによる、スケーラビリティの高さ
  • コピーできない唯一無二の価値
  • 運営を通さないP2Pのやり取り

2006年の時点でNFTという技術があれば、セカンドライフは間違いなく「メタバースの王者」として君臨していたと思います。

サシナカモトが論文を発表したのが2008年ですから、セカンドライフは時代に追いついていなかったんですよね。残念無念また来年です。

セカンドライフに変わるメタバースサービスとは


結論は、つぎの3つです。

 なお、メタバースの始め方は「【初心者向け】安心・安全なメタバースの始め方【3つの手順で解説】」でまとめています。合わせてご覧ください。

メタバースオフ会などが出始めている

ツイート界隈では、「メタバースオフ会」といったパワーワードも出始めています。

こんな感じです。
ちなみに、このメタバースオフ会ではClusterというサービスを使っているようです。誰でも無料で使えるので、興味ある方は触ってみてください。

経験談:メタバースオフ会に参加してみた


ぼくもメタバースオフ会に参加してみました。
感想としては、普通に楽しかった。

色々な人と会話ができたり、繋がれたのが大きかった。と、同時に「出勤する意味ってマジでなくね?」とも思いましたね。

今後はおそらく会議などもメタバースで完結できるようになるため、住宅の自由が増えるかもですね。ぼくのように家賃2万円の田舎でゆったり暮らすのもありなのかなと。

次の10年はメタバースが鍵になる

フェイスブック社が社名を「メタ」に変えたように、メタバースは次の10年で確実に伸びていくでしょう。今のうちから勉強することで、先行者利益に繋がるのかなと。

注意:メタバースだけを理解するのは難しい

メタバースの領域は、NFTや仮想通貨などの概念が複合的に混ざり合っています。「メタバースだけ勉強しよう!」というのは、結構難しかったりするんですよね。

個人的にはテクノロジー全体を勉強すべきだと思います。

このあたりの書籍を読んでおけばOKです。
ぼくは年間100冊以上本を読みますが、上記は高品質だと断言します。

数冊読んだら行動するべし

よくあるパターンとして、ずっと情報収集している人がいます。しかし、数冊読んだら実際に手を動かしてみましょう。

このあたりから行動すればOKです。
1,000円ほどあれば始められるので、迷っているなら行動しましょう。いい経験になると思うし、費用は後々回収できますよ。

このページを読んだ97人が行動しない

このページを読んだ97人が行動しないので、手を動かすだけで3%に入れると思います。迷っているなら行動しましょう。