Written by Ippei Torigoe

テンセット(Tenset/10set)とは?概要や購入方法を解説!

CRYPTO

悩む人「Tenset(10set/テンセット)ってなんですか?特徴や概要を知りたいです。おすすめの取引所や買い方があれば合わせて教えて下さい!」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • テンセット(Tenset/10set)とは?概要と特徴
  • テンセット(Tenset/10set)の購入方法
  • テンセット(Tenset/10set)の将来性とは?

この記事を書いている僕は、仮想通貨を軸に生活を送っています。仮想通貨系の発信でツイッターのフォロワー数は1万人を超えたので、信頼担保に繋がるのかなと。

テンセット(Tenset/10set)とは?概要と特徴を解説!


テンセット(Tenset/10set)の概要を解説します。

仮想通貨版の上場投資信託です


出典: tenset.io

Tensetを簡単に説明すると、仮想通貨版の上場投資信託が一番近いように感じます。上場投資信託とは、上場された企業の株をまとめたものです。それぞれの株価に連動した価格変動が取れて、また証券会社を使わずに投資できるため便利です。

青汁王子を始めとしたインフルエンサーが言及しSNSで話題となりました。個人的にもtensetの概要自体がかなり有益なので、価値ありだと思います。

テンセット(Tenset/10set)の概要一覧表

通貨シンボル 10SET
時価総額ランク 2,985位
総発行枚数 2.1億万枚
トークン規格 ERC-20
公式サイト https://www.tenset.io/

Tensetの基本情報は上記の通り。時価総額がそこまで高くないのが印象的ですね。

上記は公式ツイッター(本家・日本語版)です。
日本語版のツイートにはTensetの解説動画が載っているモノを選びましたので、深く知りたい方はこちらからどうぞ。念の為、本章の冒頭にも動画を貼っておきます。

テンセットの細かい特徴

  • 細かい特徴①:ステーキング可
  • 細かい特徴②:デフレトークン
  • 細かい特徴③:Tenset GEM

Tensetの詳しい情報は上記の通り。
それぞれ少し深堀りします。

細かい特徴①:ステーキング可

Tenset(10set/テンセット)はステーキング可能です。ステーキングとは、簡単にいうと「対象の仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬が貰える仕組み」を指します。詳しく知りたい方は「仮想通貨のステーキングとは?やり方・仕組みから報酬や利率、デメリットまで解説」をどうぞ。

細かい特徴②:デフレトークン

Tensetはデフレトークンです。デフレトークンとは、供給量が所定の量まで減り続けるトークンのこと。少し難しいかもですが、Tensetの取引手数料が2%かかり、そのうちの1%は焼かれ、1%がユーザに配分することでガチホ勢が多くなる。という仕組み。

細かい特徴③:Tenset GEM

Tenset GEMってなんやねん?という疑問をもたれているかたも多いと思います。簡単にいうと「テンセットがリリースする見込みのあるプロジェクト」のこと。詳細を知りたい方は「TENSET GEMってそもそも何??」をどうぞ。

テンセット(Tenset/10set)の購入方法・おすすめ取引所


Tensetの購入方法とおすすめ取引所をご紹介します。

enset(10set/テンセット)の購入方法

  • 手順①:国内取引所でビットコインを購入
  • 手順②:海外取引所にビットコインを送金
  • 手順③:ビットコインでTENSETを購入

10SET所有しているユーザーに手数料の1%が配布される仕組みだからです。つまり、10SET持っていれば追加報酬が貰えるのです。

テンセット(Tenset/10set)のおすすめ取引所

  • 国内取引所:どこでもOK
  • 海外取引所:PancakeSwap

国内取引所に関しては、あなたが使っている取引所でOKです。僕は「コインチェック」を使っていますが、ぶっちゃけどこでもOKなのが本音です。なお、念の為「【完全無料】コインチェックで口座開設する5つの手順【初心者向け】」を貼っておきます。

海外取引所はPancakeSwap一択

海外取引所は「PancakeSwap」がおすすめです。他にも扱ってる取引所はありますが、時価総額の高いPancakeSwapを使うのが無難なのかなと。

なお、PancakeSwapの使い方・トークンの購入方法は「PancakeSwapの使い方 – 1年使い続けた俺が全機能の使い方を教えます」が参考になりましたので、リンクを張っておきます。

テンセット(Tenset/10set)の将来性とは?


Tenset(10set/テンセット)の将来性を予測します。

投資信託的な投資ができる

繰り返しですが、テンセット(Tenset/10set)は上場投資信託のようなもの。企業の株をまとめたパッケージぶくろを購入できるのです。通常なら証券会社等のめんどうな手間が必要でしたが、テンセット(Tenset/10set)はウォレットとビットコインさえあれば購入できるため、非常に便利なのです。

トークンの希少性があがる

テンセット(Tenset/10set)は取引手数料2%のうち1%が燃やされ、残り1%が配分される仕組みでした。そしてデフレトークンなので、発行上限の2.1億万枚に向けて、発行枚数が減少していくため、希少性は高まっていきます。

テンセット(Tenset/10set)を保有し、ステーキングするだけで自動で配当金が分配されるので、将来性もかなり高いと思っています。

さあ、テンセット(Tenset/10set)を購入してみよう!


最後に要点をまとめて終わります。

  • Tensetとは、仮想通貨版の上場投資信託のようなもの
  • ステーキング可能で、発行枚数が決められている
  • 将来性が見込めるので、今から仕込んでおくのもあり

こんな感じです。

クリプトの発展は凄いですよね。上場投資信託のめんどい作業が、Tensetによってなくなるわけですから。個人的に期待している通貨の一つでもあるので、迷っているなら行動してみることをおすすめします。

今回は以上となります( ´∀`)bグッ!
なお、普段の僕は「Twitter」で発信しています。情報収集のリソースは「無料メルマガ」で発信しています。ご興味ある方はどうぞ。