Written by Ippei Torigoe

【保存版】The Sandboxの始め方【遊び方も合わせて解説】

GameFi Metaverse

悩む人「The Sandboxを始めてみたいな。メタバースゲームで遊んでみたいな。仮想空間の土地を買ってみたいけど、やり方がわかりません」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • The Sandboxの始め方
  • The Sandboxの遊び方

この記事を書いている僕は、日常的にメタバースを触っております。
IT系の発信でフォロワー10,000人を超えたので、信頼担保につながるのかなと。

the sandboxを始める際に必要なモノ

  • パソコン
  • メタマスク (ウォレット) ※無料です
  • ゲーム通貨(SAND) ※少額でOKです

こんな感じです。なお、具体的には「【初心者向け】安心・安全なメタバースの始め方【3つの手順で解説】」でまとめています。まずはこちらをどうぞ。

The Sandboxの始め方

The Sandboxの始め方を解説します。

ゲーム通貨(SAND)を持っていない方へ

まずは上記を済ませましょう。というのも、後々SANDが必要になってくるんですよね。1,000円ほどの少額でOKなので、ゲーム通貨を買うところから始めましょう。

The Sandboxの始め方

まずはThe Sandboxの公式ページにアクセスします。
» 公式ページはこちらから

ページに飛んだら「Register」をクリック。

つぎに「Enter The Alpha HUB」をクリック。2021年11月現在だと、日本国内ではThe sandboxは利用できないとありますが、気にせずクリックしましょう。

MetaMaskをクリック。ここでウォレットを使います。ちなみに、お金を支払うリスクはないのでご安心ください。


MetaMaskから承認があるので、許可します。

  • メールアドレス
  • ユーザーネーム

上記を入力します。
設定したら「Continue」をクリックしましょう。


さいごにパスワードを設定します。入力したら「Save」をクリック。これにてアカウント登録は完了です。お疲れ様でした!

The Sandboxの遊び方【始めた後にできること】


次のとおり。

  • 遊び方①:ボクセルアート
  • 遊び方②:Game Maker
  • 遊び方③:マーケットプレイス

遊び方①:ボクセルアート



(参照:The Sandbox

無料のエディタを使って、下記をクリエイトすることができます。

  • アイテム
  • キャラクター
  • 建築物

イラストを書くというより、レゴブロックに近い感覚ですね。初心者でも楽しく創作活動ができると思います。

補足:ボクセルアートの始め方


まずはエディタのダウンロードをしていきましょう。
VoxEditの「ダウンロード」をクリック。


あなたのパソコンのOSを選択。
ぼくはアップルのパソコンを使っているので、Macを選択します。


ダウンロードファイルを解凍し、アプリを開きます。
あとは自由に創作するだけです。

例:素人のぼくでも恐竜を作れました


試しに恐竜を作ってみました。センスの有無は置いておいてて、めちゃくちゃ楽しかった…!自分で作ったモノが動くんですよね。男心がくすぐられると思います!

遊び方②:Game Maker



(参照:The Sandbox

ボクセルアートで作ったものをゲーム内で使うことができます。また、ゲーム内にビジュアルスクリプトツールが搭載されているため、仮想空間に自分だけのゲームを作ることができます。しかも、なんと無料です。

悲報: Macユーザーは使えない


上記画像は、Game Makerのダウンロード画面です。言うまでもなく、MacOSには対応していないみたいです。ただ、今後は対応するらしので、気長に待ちましょう。

GameMakerを始めたい方向けの動画

ゲームメーカーを始めたい方は、上記動画をどうぞ。基本英語ですが、画面とセットで解説してくれているので理解できるはず。

遊び方③:マーケットプレイス


(参照:The Sandbox

さいごにマーケットプレイスです。

マーケットプレイスとは、The sandbox内でアイテムやキャラクターを売買できる場所のこと。Amazonのようなイメージですね。Boxditで作ったボクセルアートを売買することができます。これがメタバースゲームの醍醐味ですよね。

ポイント:アセットの買い方


ショップで購入することができます。
パッと見た感じ相場感覚は1万円前後といった感じ。高いものだと10万円~といったモノもありますね。

さあ、The Sandboxを始めよう!



(参照:The Sandbox

さあ、The Sandboxを始めましょう!

The Sandboxにソフトバンクが105億円を出資した

The Sandboxはソフトバンクが105億円出資した企業です。また、Facebookが社名を「メタ」に変えましたね。

こういった世の中の流れを見ると、メタバースないし「The Sandbox」が世界的に注目され始めるのも時間の問題といえます。今のうちからプレイしておくことで、先行者利益に繋がるかもです。

土地の争奪戦も始まっている

The Sandboxの土地が、一部の層に購入され始めています。

仮想空間の土地を貸し出すことで、不動産収入を得ることができるんですよね。こんな感じでビジネス展開できるので、投資対象として見られているイメージです。

The Sandnboxの土地の買い始める方法

次のとおりです。

  • ゲーム内で土地を買う
  • OpeaSeaで土地を買う
  • 取引所で土地を買う

なお、土地の買い方は「【インタビューあり】The Sandboxの土地の買い方【3つある】」でまとめています。合わせてどうぞ。