Written by Ippei Torigoe

WEBライターを目指す大学生がやるべき5つのこと【経験から語る】

STUDENT WRITER

画像名
悩む人

未経験の大学生だけど、WEBライターになってお金を稼ぎたいな。でも、なにから始めていいかわからないな。せっかく行動するんだから、失敗したくないな。

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • WEBライターを目指す大学生がやるべき5つのこと
  • WEBライターにおすすめのサイトや本
  • WEBライターになるまでの経験談

この記事を書いている僕は、大学1年の時、未経験からWEBライターを始め、初月から文字単価4円の案件を受注しました。

今回はそんな僕の経験談を交えてお話をしていきます。

WEBライターを目指す大学生がやるべき5つのこと


結論は、下記の通り。

  • その①:ブログを運営する
  • その②:クラウドソーシングに登録する
  • その③:WEBライターの本を読む
  • その④:インターンシップを受ける
  • その⑤:案件を受注し業務をこなす

その①:ブログを運営する

WEBライターは、ブログを運営していた方がいいです。
例えば、次の例をご覧ください。

  • 未経験だけどブログを運営している大学生
  • 未経験かつ執筆経験のない大学生

上記でどちらの大学生が案件を獲得できるかというと、、、圧倒的に前者です。
というのも、受注者は”執筆経験が少しでもある人に任せたい”という気持ちがあるから。

僕が初月から文字単価4円の案件を獲得できたのもブログ運営していたからです。
これは実際に、クライアントから聞きました。

  • 案件を獲得しやすくなる
  • 文字単価を高めやすくなる
  • ポートフォリオとして提出できる
  • ライターとして信頼されやすくなる
  • ブログを通して案件を受注できる可能性がある

それ以外にも、上記のメリットもあるので、ブログはやっておいた方がよさそうです
» ブログの始め方の無料記事はこちらから

その②:クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングサイトに登録しましょう。
具体的には、下記の通り。

上記の通り。
すべて無料登録できるので、登録をして案件に目を通してみましょう。

その③:WEBライターの本を読む

WEBライターの本を読み業務の流れを把握しましょう。
具体的には、下記の通り。

基本的には上記3冊で間違いないと思います。
年間500冊ほど読書はしますが、上記の本は良質な本だと断言できます。

もっと文章力のおすすめ本を知りたい方は下記からどうぞ。
» WEBライターの文章力を上手くする本まとめ

その④:インターンシップを受ける

インターンシップを受けつつ、学習していくのもありです。
具体的なメリットは、下記をご覧ください。

  • フルリモート
  • フィードバックが貰える
  • 案件をどんどん流してくれる
  • スキルに見合った報酬が貰える
  • 成果次第で文字単価を上げてくれる
  • 他のライターとの繋がりが生まれる

「ライター×インターンシップ」で、成長スピードを爆速にできます。
個人的には、時給労働から脱出できるのが一番のメリットなのかなと。

基本的には、上記の2つで間違いないと思います。
僕は「キャリアバイト」を使って、企業と契約をしていただきました。

その⑤:案件を受注し業務をこなす

いきなり案件を受注し、業務をこなしていくのもありです。
というか、理想形だと思います。

とはいっても、実績ないし案件なんか取れないよ。

ご安心あれ。
僕も、ほんの2か月前は、その状況にいました。しかし、実際に業務をこなしていくことで、成長して行きました。

未経験から月1万円を稼ぐロードマップは、こちらを合わせてどうぞ。
» 未経験からWEBライターで月1万円稼ぐ方法

今回は以上となります。