Written by Ippei Torigoe

WEBライターが「Windows」を選ぶべき5つの理由【結論:コスパがいい】

WRITER

画像名
悩む人

WEBライターをやりたいんだけど、PC選びで失敗したくないな。MakとWindowはどっちがいいのかな?

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容

  • WEBライターが「Windows」を選ぶべき5つの理由
  • WEBライターに本当におすすめなPC
  • WEBライターで月1万円稼ぐロードマップ

この記事を書いている僕は、未経験からWEBライターを始めて、1カ月で3件の案件。1万円の収益を獲得しました。

WEBライターが「Windows」を選ぶべき5つの理由


結論は下記の通り。

WEBライターが「Windows」を選ぶべき5つの理由

  • コスパが悪い
  • 文字単価の回収が難しい
  • HDMI端子がない
  • Officeが付属していない
  • 5G対応のMacがない

コスパが悪い

Macはコスパが悪いです。

Macはブランド力が高いため、比較的値段が高いです。

機能性はほとんど同じなのに、半額ほどの値段でWindowは購入できます。

完全初心者の方がWEBライターを始めるのであれば、コスパのいい「Windows」を選ぶべきだと思います。

文字単価の回収が難しい

Macでは文字単価を回収しずらいです。

繰り返しになりますが、MacはWindowに比べて価格が張ります。

初心者ライターが、PC代を文字単価で回収しようと思ったとしても、文字単価はなかなか上がらないものです。

ゆえに、Windowの方が価格が安いため、PC代を回収する難易度は低いといえます。

HDMI端子がない

MacにはHDMI端子がありません。

HDMI端子がないと、モニターに接続が出来ません。

WEBライターの業務は、調べながら執筆することが多いため、複数のモニターがあると作業が捗ります。

しかし、HDMI端子がないと、外部オーディエンスとの接続ができないため、不便といえるでしょう。

Officeが付属していない

MacにはOfficeが付属していません。

WEBライターの業務では「Word」や「Excel」を使う場面が多いです。

Windowは「office」が付属しているものが多いですが、Macには付属していないのです。

「office」を後付けすることも可能ですが、2~3万円ほどのコストがかかります。

5G対応のMacがない

5G対応のMacがありません。

もしかしたら今後は対応するかもしれません。しかし、現段階の話では対応していないため、Windowの方がいいと考えられます。

WEBライターに本当におすすめなPC


WEBライターに本当におすすめできるPCを3つ紹介しました。詳しくは下記から。

WEBライターで月1万円稼ぐロードマップ


WEBライターで月1万円稼ぐロードマップをまとめました。