Written by Ippei Torigoe

Webライターが稼げる5つのジャンル+選び方を徹底解説【体験談あり】

WRITER

悩む人「Webライターを始めてみたんだけど、どのジャンルが稼げるかな?」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容 (もくじ)

この記事を書いている僕は、文章を書いて生活しています。
未経験からWebライターになり、月収は15万円を超えました。

Webライターが稼げるジャンル5選


Webライターが稼げるジャンルをまとめていきます。
結論は、下記です。

  • その①:金融系
  • その②:転職系
  • その③:IT系
  • その④:不動産系
  • その⑤:美容

上記の通りです。
それぞれ深堀りしていきますね。

その①:金融系

王道の高単価ジャンルです。
理由は、お金を扱うからですね。

例えば、

  • 口座開設
  • FX・株取引
  • クレジットカード

このあたりでしょうか。
最近だと、仮想通貨が盛り上がっており、ここも金融系に含まれるので稼ぎやすいですよ。

その②:転職系

こちらも定番のジャンル。
転職経験がある方に有利なジャンルですね。

転職系のジャンルは他のジャンルと違い、専門知識をあまり必要としません。なので、高単価ジャンルの中でも扱いやすいため、わりとオススメだったりします。

その③:IT系

つづいて、IT系のジャンルですね。
IT系もお金に繋がりやすいため、高単価のジャンルのひとつ。

具体的には、

  • プログラミング学習
  • VR・AR・MR
  • 人工知能

このあたりでしょうか。
IT系に詳しい人は稼いでいきやすいため、手を出してみるのもアリですね。

その④:不動産系

つづいては、不動産系です。
なぜなら、不動産系は単価が高いからですね。1度の売上が大きいので、文字単価も高めなのでしょう。

具体的には、下記です。

  • リフォーム
  • リノベーション
  • 住宅購入のアドバイス

などなど。
不動産の購入経験がある方や、不動産投資をなさっている方には有利なジャンルだと思います。

その⑤:美容系

さいごに美容ですね。
理由は、顧客層が広いからです。美容の本質は「若くいたい」という願望ですよね。そして、この願望は老若男女がいだく普遍的な欲求です。

美容の中でも特に「脱毛」は人気かつ、高単価です。
脱毛経験があったり、サロンを運営している方に有利なジャンルになっています。

まとめ:お金が絡むジャンルは高単価!

  • その①:金融系
  • その②:転職系
  • その③:IT系
  • その④:不動産系
  • その⑤:美容

上記の通りです。
このジャンルは、Webライターに限らず高単価なことが多いので、ぜひ覚えておきましょう。アフィリエイト案件でも、上記のジャンルが稼ぎやすいので。

Webライターが稼げるジャンルの選び方


ジャンル選びの基準をまとめていきますね。
僕の結論は、下記です。

好きなジャンル×専門性のあるジャンル

なぜ、「好き×専門性」で選ぶべきなのか

それは”最短で稼いでいける道”だからです。
例えば、下記です。

  • 好きなジャンルのみ:専門性がないから案件に通らない
  • 専門ジャンルのみ:好きじゃないから飽きる

上記は、片方のみで選んだ例です。
案件に通り、そして継続して稼いでいくには、好き×専門性が必要なのです。

好きなジャンルがない場合

好きなジャンルがわからない人もいると思います。
そういった人は、下記を自問自答してみましょう。

  • 1年以上継続してることはなにか?
  • 無駄だと思うのに、ついやってしまうことはなにか?
  • 時間を忘れる瞬間はいつか?

このあたりを自問自答してみてください。
たぶん、あなたの「好きの原形」がフンワリと見えるでしょう。それを深堀りしつつジャンルと照合していけば、きっとあなたに最適なジャンルが見つかるはずです。

専門性がない場合

専門性がない場合は、勉強しましょう。
例えば、仮想通貨を扱いたい場合、ビットコインなどに少額投資してみるなどです。

大切なのは、本を読むだけではなく行動してみることです。なので、あなたが扱いたいジャンルに参入してみるのもアリかと。

Webライターが4円の初案件を取った体験談


僕が4円の初案件を獲得した体験談をまとめますね。

なぜ、初案件で4円を取れたのか

結論は、ブログを運営していたからです。

当時の僕は、完全未経験だったため、実績は0でした。
なので、提出できるポートフォリオなどなかったのですが、ブログを提出したら普通に受かりました。

こっそりと裏ワザを教えます

こっそりと裏ワザを教えます。
その裏ワザが、下記です。

専門知識を学ぶ→ブログでアウトプット→ブログを実績にて案件をとる

上記の通りです。
学んだ知識をブログでまとめていけば、依頼者の信頼性に繋がります。すこしずる賢い考えですが、参考までにどうぞ。

なお、ブログの始め方は「【ConoHa WING】WordPressブログの始め方【2021年版】」で解説しました。参考までに目を通していただけたら、イメージが掴めると思います。