Written by Ippei Torigoe

WebライターがSEOを学ぶべき理由【SEO対策テクを徹底解説】

WRITER

悩む人「どうすれば価値の高いWebライターになれるんだろう?SEOについては勉強すべきですか?SEOライティングで気をつけることはありますか?」

今回はこういった悩みに答えていきます。

本日の内容 (もくじ)

この記事を書いている僕は、現役Webライターです。
未経験から始めましたが、初案件から4円の案件を獲得しました。

Webライターにとって、SEOって必要なの…?

と思うかもですが、結論は必要です。
SEOは難しいイメージだと思いますが、今回は要点を整理しつつ、わかりやすくお伝えしていきますね。

Webライターにとって、SEOとは?


結論は、ライターの価値を高めるスキルです。

そもそも、SEOとは「検索エンジン最適化」のこと。
簡単にいうと、検索者の質問に対して、最適のサイトをお届けする仕組みのことです。

ライターにとってSEOは重要な知識の1つなので、すこし深堀りていきますね。

検索することは「質問」することと同じ

これは大切な考え方です。
検索者は、わからないことや困ったことを解決するために、言葉を打ち込み情報を探します。それすなわち、検索エンジンに「質問」しているのと同じです。

SEOのよくある勘違い

SEOはよく 勘違いされるポイントがあります。
ここは重要なので、ぜひ覚えておいてください。

  • 勘違い①:どうやってサイトを上位表示させるか?
  • 勘違い②:どうやって効率よく順位をあげていけるか?
  • 勘違い③:どうやって他サイトに勝っていけるか?

上記の通りです。
このような、短期的な考え方とよく勘違いされています。

しかし、本来は「検索者がどのような悩みを解決しようとしているのか?」を理解し、記事を書いていくことで優遇されるサイトにしていくほかないのです。

SEOとSEO対策の違い

結論として、両者の同じ意味です。
なぜなら、目指している場所が同じだから。

  • SEO:検索者の質問に対して、最適のサイトをお届けする仕組み
  • SEO対策:検索エンジンに評価されるよう最適化すること

上記の通りです。
一見すると両者は異なるように見えますが、検索エンジンに評価されるよう最適化することは、検索者に最適のサイトをお届けするための施策と一致するのです

すこし難しいので、SEOとSEO対策の意味が同じということを覚えておきましょう。

WebライターがSEOを学ぶべき理由


WebライターはSEOを学ぶべき理由を解説していきます。
結論は、ライターとして価値が上がるからです。

なぜ、SEOライターのニーズが高いのか

  • 上位表示で新規ユーザーを獲得できるから
  • 上位表示が売上に直結するから
  • 即戦力となるSEOライターが少ないから

上記の通りです。
Webライターに求められることは、上位表示させる技術です。

具体的に何位を目指すべきなのか

結論として、10位以内です。
しかし最終的には、3位以内をゴールにしましょう。

検索上位のクリック率

  • 1位:21%
  • 2位:10%
  • 3位:7%

上記は、検索上位のクリック率です。
何百万サイトもあるなか、上位3位に検索者の40%がながれます。

僕の場合、検索1位になると、PV数が「50→3000」になりました。

SEOの集客力はすごいですよね。
なので、まずは10位以内を狙いつつ、最終的には3位以内を狙っていきましょう。

SEOライターの収益の目安

ライターのレベル 文字単価
初心者 0.5~1円
中級者 1~2円
上級者 2~5円
SEOライター 5~10円

上記の通りです。
SEOライターの単価は高く、なんと100円以上のライターもいるとのこと。

SEOの重要性に、気づけたのではないでしょうか。

Webライター向けSEO対策のテクニック


SEO対策のテクニックをまとめていきます。

  • ① ページタイトルを本気で考える
  • ② キーワードから記事を書く
  • ③ 見出しにキーワードをいれる

① ページタイトルを本気で考える

  • 32文字以内に抑える
  • キーワードを左に寄せる
  • 相手の心に刺さる言葉を選ぶ

上記の通りです。
ページタイトルは最も大切なポイントです。

最低限、上記の3つを抑えておきましょう。

相手の心に刺さる言葉とは

上記の通りです。
このあたりをページタイトルにいれるといいかもです。

② キーワードから記事を書く

キーワードから記事を書きましょう。
なぜなら、検索エンジンに評価されないから。

例えば、トップブロガーのほとんどが「キーワード」から記事を書いています。

なので、あなたもキーワードを意識してみましょう。

キーワードから記事を書く方法

  • ① キーワードを決める
  • ② 実際に検索してみる
  • ③ 記事を書き始める

上記の通りです。
読まれない記事ほど、キーワードが定まっていません。

※注意点として、1記事1キーワードです。これは絶対遵守です。

キーワードの選び方は下記で解説してるので、どうぞ。
» 【無料公開】ブログを書き始める完全講義【知っておくべき知識を解説】

③ 見出しにキーワードをいれる

これも重要です。
見出しにキーワードをいれましょう。

見出しとはH2見出しのこと


見出しとは、H2見出しのことです。
上記画像は、[Manablog Copy 感想]を狙っています。

過去の僕は、見出しを適当につけていたせいで、100位外の記事がほとんどでした。しかし、見出しを意識し始めると、簡単に検索10位以内に入れるようになりました。

意識するだけでだいぶ違うので、ここは必須ポイントです。

1つ、注意点がある


H3、H4見出しには、キーワードをいれなくてOKです。

なぜなら、全てにキーワードをいれると文体が崩れ、読者が理解しづらい記事になってします。すると、Googleからの評価も下がるので、本末転倒です。

なので、キーワードをいれるのはH2見出しのみでOKです。

まとめ:SEOを勉強しよう

さいごにまとめておわりますね。
結論は、WebライターはSEOを勉強するべきです。

ライターとしての価値や希少性を高めていけるため、自己投資にもってこいです。最近では、良質な本であったり、無料ブログであったりがあるので、便利です。

なお、SEOのオススメ本は明日記事にするので、お楽しみに!

合わせて読みたい